住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション
マイリノ
オーダーメイドで実現する
自分だけのリノベーション

リノベーション事例とお客様の声のご紹介

居心地の良いカフェのようなお部屋がかなえる充実したおうち時間

東京都墨田区(二人暮らし)
  • 工事費
    1000万円
  • 間取り
    1LDK
  • 所在地
    東京都墨田区
  • 専有面積
    54.18㎡
  • 家族構成
    二人暮らし
  • 築年月
    平成26年2月
  • 1
    2人の職場にも通いやすい交通の便のいい物件を探して

    大江戸線の両国駅から徒歩5分。JRの両国駅界隈の賑やかな感じとは異なる静かな環境で、近くには公園もあって、とても暮らしやすそうな場所にH様のマンションがあります。
    入籍し、お二人で暮らし始めるのをきっかけに今年の1月頃に家探しをスタートしたH様。元々は1Kの賃貸だったとのことで、二人で住むのに十分な広さがあるお部屋を探していました。

    当初は賃貸か新築物件の購入かで迷っていたそうで、新築物件もいろいろ見ていたとのこと。ネットで情報検索をしている中で、グローバルベイスの広告が出てきて、リノベーションにも興味を持ったそうです。
    ほかの業者とも比較いただいたそうですが、不動産探しとリノベーション双方に強いということで、グローバルベイスをお選びいただきました。

    「グローバルベイスさんは、最初に相談に行ったときに、すぐに物件の内見に案内してくれました。そのとき、担当営業さんが、ただ物件を紹介するだけではなく、リノベーションのことも詳しく説明してくれて、いろいろなアドバイスをくださったので、おまかせすることにしたんです」(奥様)

    当初はお二人それぞれの職場に通いやすいという理由から四谷界隈を中心にした丸の内線沿線の物件を探していたそうですが、なかなか良いものに出会えずおりました。

    「グローバルベイスさんが持っていた市場には出ていない両国の物件を案内されて、見に来たことがこの家との出会いでした」(ご主人)

    当初、両国は選択肢に上がっていなかったそうですが、調べてみると通勤もしやすく、物件相場は四谷よりも低いにも関わらず、周辺環境も良いことから、購入を決めたそうです。
  • 2
    本格的なマシンを備えた本物のカフェのようなキッチン

    物件探しを始めた当初はリノベーション済のマンションでも良いと思い、何軒か内見に行ったというH様でしたが、自分たちのイメージするものに出会えず、マイリノに切り替えることに。
    とはいえ、当初はイメージが固まっていなかったことあり、事例やインスタなどを検索し、設計担当にイメージを伝えたそうです。

    そのときに一番こだわったのがキッチン。一番の希望はアイランドキッチンだったそうですが、その場合、サイズなどが規制されてしまい、空間の使い方が変わってしまうことから、カウンターキッチンに変更したとのこと。

    「実際に使ってみると、すごく快適です。広く使えることと、今までは1Kのキッチンで黙々と料理をしていましたが、カウンターがあると誰かが目の前に座ってくれるので、料理が楽しくなりました」(奥様)

    と素敵な報告をしてくれました。

    また、キッチンに置かれた本格的なコーヒーマシンは本物のカフェ以上に存在感を醸し出しています。

    「妻がコーヒー好きなので、引っ越しに合わせて購入したマシンです。外国の機械なので、大きな変圧器がついていますが、それが見えないように棚に収納して、設置できるようにしてもらいました」(ご主人)

    また、ガスオーブンのついたキッチンを選ぶなど、キッチンの機能選びにもこだわったそうです。

    他にも室内窓をつけたり、木の壁を採用するなど、細かなこだわりも垣間見えます。
    収納は大きめのウォークインクローゼットを作ることで、家具を置かなくても片づく工夫を取り入れています。
    構造上、どうしても必要だったという柱にはとても可愛らしい時計がディスプレイされ、お部屋の雰囲気にもとてもマッチしています。

    「ふたりで意見を出し合って、間取りを考え、カフェ風にしたいとか、木が好きなど、何となくのイメージを伝えたので、設計さんがいろいろ提案してくれました。構造上必要だった柱もインテリアの一部になっていて、それに似合う時計を探してしまいました(笑)」(奥様)

    カフェのようにオシャレで居心地の良いお部屋は、プロである設計担当と相談しながら、実現させたとのことでした。
  • 3
    さまざまな使い方ができるインナーテラスの窓からはスカイツリーも

    キッチン以外で、実際に暮らしてみて、お気に入りの場所は?とお聞きすると、、

    「インナーテラスですね。元々、2LDKの部屋の一部だったんですけど、そこだけ飛び出している感じで、どう生かせばいいのだろうと思っていたら、設計さんがインナーテラスにできますよと提案してくれたんです。今は電子ピアノを置いていますが、普段は小さなテーブルを置いて、仕事部屋として使っています」(奥様)

    8月に引っ越してきてからも、在宅勤務が続いているというお二人。ご主人はリビングで、奥様はインナーテラスで、お仕事を進めることができるので、効率的に働けていると教えてくれました。

    また、子供のころからピアノを弾くのが好きだったという奥様。ご主人はギターを弾いて、二人で楽器演奏を楽しむこともあると話してくれました。いろいろな使い方ができるインナーテラスは、想像以上に活躍してくれているようです。

    今回のリノベーションについてH様よりコメント頂きました。

    「最初は新築で考えていたのですが、見てきた物件は一つ一つの部屋が小さくて狭く感じるものがほとんどでした。
    自分たちでリノベーションすると、好きなように空間を分けられるし、暮らし方に合わせた間取りができて良かったです。
    反省点を言えば、情報収集が少なったこと。引っ越してから、インスタなどで情報を見るようになって、もっと早く見れば良かったと、感じています。とはいえ、リノベーションは楽しかったし、またやりたいと思えるくらい過程が楽しいです」(ご主人)

    と、自分たちのお部屋づくりを心から楽しんだと話してくれました。
  • 外国人観光客にも愛される街はグローバルなお二人にピッタリ

    H様が暮らすマンションは、すぐ近くに相撲部屋があり、街を歩けば力士たちを見かけることも少なくなく、両国らしいと感じる光景にしばしば出会えます。現在はコロナの影響で外国人観光客はいませんが、普段は多くの観光客でにぎわう街でもあります。

    H様ご夫妻は海外暮らしが長く、特にご主人は2年前に日本に戻ってきたばかりとのこと。そんなご夫妻に両国というグローバルな街がとてもお似合いだと感じさせてくれました。

    奥様のお気に入りというインナーテラスからは、東京スカイツリーが望め、ほっこりとした気持ちにさせてくれそうです。四谷にこだわっていたら、出会えなかった物件を素敵なカフェのようなお部屋にリノベーションされたお二人。
    これからも充実したお家時間を楽しんでいただけそうです。

リノベーション内容
  • ● フローリング・フロアタイル新規貼替
  • ● 壁面ナラ板・タイル貼り
  • ● 壁・天井クロス新規貼替
  • ● 建具・玄関収納等新規交換
  • ● 照明器具新規設置        
  • ● LIXIL製システムキッチン新規交換(人造大理石トップ)
  • ● LIXIL製カップボード新規取付
  • ● ブラインド・ロールスクリーン取付
  • ● ハウスクリーニング  …等

気になることがあればお気軽にお問い合わせください。リノベーションアドバイザーが何でもお答えいたします。(10:00-19:00)