住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

ハーフユニットバスとは?在来工法とシステムバスのいいとこ取り

「ハーフユニットバス」は浴室の施工方法のひとつ。浴室のデザインや素材にこだわりたいけれど、コストは抑えたい…そんな人におすすめの工法なんです。この記事では、ハーフユニットバスでどのようなお風呂が実現できるのか、ほかの工法とともに特徴を解説し、費用目安や施工例をご紹介します。

重厚な御影石の浴室
こんな方におすすめの記事です
  • ハーフユニットバスとは何かを知りたい
  • ハーフユニットバスのメリット・デメリットを知りたい
  • ハーフユニットバスの施工例や費用相場が知りたい

■ハーフユニットバスとは?

「ハーフユニットバス」とは、3種類ある浴室の施工方法のうちのひとつです。そのほか「在来工法」「システムバス(ユニットバス)」がありますので、3種類それぞれの特徴を解説していきます。

・在来工法

在来工法とは、昔ながら工法のこと。浴室における在来工法とは、防水処理を施した空間に浴槽や水栓を設置し、床や壁にタイルなどを貼って仕上げていく方法です。タイルだけでなく、天然石を張ったり板張りにしたりすることもできます。技術的に可能であればどのようなデザイン・素材にも対応できるため、ほかにはない個性的な浴室を実現できます。

・システムバス(ユニットバス)

システムバスは、天井・壁・床・浴槽といった浴室全体の構成パーツを工場で製造し、建築現場で組み立てる方法です。現在の住宅建築において主流となっています。洗い場(壁の下半分と床)が一体化しているため、防水・耐水性が高く水漏れが起こりにくいことが特徴です。在来工法に比べて工期を大幅に短縮することができます。

・ハーフユニットバス

ハーフユニットバスは、浴室の下半分(浴槽と洗い場)までがシステムバスとなっている製品です。上半分(壁や天井)は在来工法で施工します。

ハーフユニットバスのメリット・デメリットについては、次の項目から詳しく解説していきます。

■ハーフユニットバスのメリット

・メンテナンス性や機能性が確保できる

ハーフユニットバスは、システムバスと同様に洗い場が一体化しているため、在来工法に比べて防水性に優れており水漏れのリスクが低いです。汚れが溜まりやすい洗い場は凸凹が少ない構造のため、掃除もしやすいです。

・デザインや設計の自由度が高い

浴室の上半分は在来工法で自由に造作できるため、既成のシステムバス製品にはないデザインや素材を採用することが可能です。

・在来工法よりも工期や費用を抑えられる

在来工法の場合、ゼロから浴室を作り上げるため工期は長めとなります。工期の長さはそのまま人件費に反映されるため、費用もかさみがちです。そこで、浴室の下半分をハーフユニットバスにすることで、工期を短縮し費用を抑えることができます。

■ハーフユニットバスのデメリット

・製品の選択肢が比較的少ない

システムバスは各メーカーから販売されている豊富な製品のなかから、機能性・デザイン性・価格を比べながら選択することができます。一方、ハーフユニットバスを製造しているメーカーは限られており、製品の種類も多いとはいえません。

・システムバスに比べると防水面で劣る

ハーフユニットバス部分は防水性が高いのですが、浴室の上半分は在来工法となるため、システムバスに比べるとやはり漏水リスクは高いといえます。しっかりとした防水工事が必要です。

・こだわりすぎるとかえってコストがかさむ

ハーフユニットバスは在来工法よりも費用を抑えられることが特徴ですが、デザインや素材に凝りすぎると結局高額になってしまい、コスト面でのメリットが得られない場合もあります。譲れない部分と妥協しても良い部分の優先順位をはっきり把握しておくと、予算内に収めたプランニングが立てやすくなるでしょう。

■ハーフユニットバスはこんな人におすすめ

・2階以上の部屋にこだわりの浴室を設置したい

「浴室を2階以上に設置する場合、在来工法での対応は不可」とする工務店やハウスメーカーも少なからずあります。これは技術的に不可能というわけではないのですが、万が一水漏れが発生したときのリスク(階下への影響など)が大きいことがおもな理由です。防水性の高いハーフユニットバスであれば、2階以上の住まいにも安心してこだわりの浴室を設置することができます。

・構造上システムバスは設置できないと言われた

システムバスは箱状の空間への設置が前提となっているため、変則的な形状の場所には施工できません。ハーフユニットバスであれば、浴室の上半分の空間には柔軟に対応できるため、天井が斜めになっていたり梁が張り出していたりする場所にも施工が可能です。

・デザインにこだわりつつコストを抑えたい

ハーフユニットバスを採用することで費用のバランスを取り、デザインにこだわりつつコストを抑えた浴室を実現できます。「浴室にお気に入りの輸入タイルを張りたい」「壁はヒノキにしたい」といった希望を叶えたい人には、ハーフユニットバスがおすすめです。

■ハーフユニットバスの費用相場

ハーフユニットバスの製品価格は、50〜200万円ほどとなっています。また、浴室全体の施工費用は、在来工法による造作部分の素材・デザイン・設備の内容などによって大きく変わってきます。リフォームやリノベーションの場合、既存の設備の撤去費用を加算すると、300万円を超えるケースも珍しくありません。

●TOTOの「ハーフバス08」シリーズの製品価格
・基本セット(浴槽+洗い場)約50万円〜
・フルセット(基本セット+天井+カウンター)約150万円〜

出典:ハーフバス08 | 浴室 | 商品情報 | TOTO
https://jp.toto.com/products/bath/halfbath/type/index.htm

■ハーフユニットバスの施工例4選

・ハーフユニットバスの施工例1【重厚な御影石の浴室】

重厚な御影石の浴室

こちらは、壁に御影石を採用した浴室の施工例。ハーフユニットバスの爽やかな白と、天然石の重厚な黒によるコントラストの強いモノトーンが、スタイリッシュな印象です。素材感にこだわることで、シンプルでありながら高級感のある空間となっています。

出典:TOTO│商品情報 浴室 ハーフバス08 セットプラン例
https://jp.toto.com/products/bath/halfbath/plan/index.htm

・ハーフユニットバスの施工例2【白い大理石の浴室】

白い大理石の浴室

質の高い大理石の壁を採用し、白を基調とした清潔感あふれる浴室の施工例です。2面の大きな窓により、外に広がる水面と浴槽が連続するような伸びやかさを演出。浴槽に出入りする際に掴まることができるセンターポールを配置し、デザイン性の高さと安全性を両立しています。

出典:TOTO│商品情報 浴室 ハーフバス08 セットプラン例
https://jp.toto.com/products/bath/halfbath/plan/index.htm

・ハーフユニットバスの施工例3【板張りのナチュラルな浴室】

板張りのナチュラルな浴室

ライトブラウンの板張りがあたたかな印象の、ハーフユニットバスの施工例です。スクエアの浴槽と板壁のストライプ、直線のみで構成されていた空間に、窓から見える竹林が四季折々の彩りを添えています。

出典:TOTO│商品情報 浴室 ハーフバス08 セットプラン例
https://jp.toto.com/products/bath/halfbath/plan/index.htm

・ハーフユニットバスの施工例4【タイルのモダンな浴室】

タイルのモダンな浴室

整然と並んだ黒いタイルがシックな、ハーフユニットバスの施工例です。曲線の優美なフォルムが印象的な浴槽と、規則的なパターンを奏でるタイルの壁がお互いを引き立て、洗練された印象となっています。

出典:TOTO│商品情報 浴室 ハーフバス08 セットプラン例
https://jp.toto.com/products/bath/halfbath/plan/index.htm

■まとめ

ハーフユニットバスは、システムバスの機能性や省コスト性と、在来工法の自由なデザイン性を両立した浴室が実現できる工法です。とはいえこだわりすぎるとコスト面のメリットが小さくなってしまうので、優先順位をはっきり定めてからプラニングを進めると良いでしょう。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求