住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

パントリーとは?設置するメリットやデメリット、間取りのポイント

パントリーはリノベーションで設置するべきか、迷う場所の一つではないでしょうか。キッチンは意外と収納するモノが多いため、パントリーを設けると食品などの収納に便利です。キッチンまわりにパントリーを設置するメリットやデメリット、間取りなどのポイントや収納のコツを紹介していきます。

玄関からも出入りできる2WAY仕様
こんな方におすすめの記事です
  • パントリーのメリット・デメリットを知りたい方
  • パントリーを設置する場合の間取りのポイントを知りたい方
  • パントリー施工事例を見たい方

■パントリーとは?

パントリーは食品庫として使われるほか、日常的に使わない食器や家電の収納スペースとしても活用できる場所です。

・常温の食品の保管庫

パントリーとは、キッチンやキッチンに隣接した場所に設けられた収納スペースを指します。日本語では食品庫と呼ぶことが多く、主に常温の食品の保管庫として使われるスペースです。米や麺類、乾物や缶詰、インスタント食品、調味料、水や酒類などの収納に使われ、災害時の非常食の置き場所としても便利です。

また、パントリーはキッチンまわりの様々なモノの収納スペースとして使われることもあります。ラップやアルミホイルなどの消耗品や、正月用の重箱やお屠蘇用の酒器など限られた季節に使う食器類、ミキサーやホットプレートなど使用頻度の低いキッチン家電の収納スペースとしても活用されています。

・食品のストックが多い人には魅力

パントリーは、特に食品や水・お酒などの飲料をストック大量にストックしておきたい人にとって魅力的なスペースです。まとめ買いをすることで家事の効率アップにつながり、安いときに日持ちがする食品を購入すれば節約もできます。

■パントリーを設置するメリット

住まいにパントリーを設けると、多くの食品をストックして、整理整頓して収納できるようになります。また、キッチン家電の収納場所としても活用が可能であり、キッチンをすっきりとした空間にできることもメリットです。

・多くの食品のストックが可能

パントリーを設けると、多くの食品をストックできることが大きなメリットです。広い収納スペースがあれば、買いだめをしたときに置き場所に困らないため、缶詰や飲料を箱ごと購入しやすくなります。また、災害に備えて備蓄をしておくこともできます。

・食品の整理整頓がしやすい

パントリーを設置して食品のストックを一箇所にまとめることで、整理整頓がしやすくなることもメリットに挙げられます。食品のストックはキッチンの調理台の下や吊戸棚、食器棚の空いているスペースなどにも入れておくこともできますが、管理がしにくいのが難点。パントリーを設けることで、何をストックしているのか一目で把握しやすくなり、非常食の賞味期限のチェックもやりやすくなるなど、管理をしやすくなります。

・キッチン家電の収納場所にもなる

ミキサーやホットプレート、たこ焼き器といった日常的に使用しないキッチン家電は、収納に場所をとるため、パントリーがあるとしまいやすくて便利です。また、キッチンに置く家電を必要最小限に抑えることで、インテリアのイメージを壊さずに、生活感のない空間を実現できます。冷蔵庫も隠したい場合にはパントリーに設置するケースもあります。

■パントリーを設置するデメリット

パントリーはあると便利なスペースではありますが、必要性があまりなければ、設置すること自体がデメリットになります。

・活用できなければ無駄なスペースとなる

パントリーを設置するには一定のスペースが必要であり、設置費用もかかります。そのため、無計画にパントリーをつくっても、活用できなければ無駄なスペースになってしまいます。パントリーを設置する場合には、何を収納するスペースとして活用するか、イメージしておくことが大切です。食品のストックをあまり持たない人や、食器やキッチン家電が少ない人とっては、パントリーを設置する必要性は薄いといえます。

■パントリーを設置する際の間取りなどのポイント

パントリーは設置場所や動線、寸法が使い勝手を左右し、種類による違いもあります。パントリーとして利用できるスペースや活用イメージをもとに、住まいや使い手に合ったパントリーを目指しましょう。

・キッチンと玄関からの動線に留意

使い勝手の良いパントリーにするには、設置場所や動線が重要です。調理中にパントリーに何度も行くこともあるため、キッチン内やキッチンに隣接した場所に設置するのが基本。

また、買い物で買ったものや通販で届いたものをしまうことを考えると、玄関からの動線も考慮するべきポイントです。ウォークインタイプの場合は出入口を2つ設けて、キッチンと玄関の両方から行き来できるようにすると便利です。

・個室型、オープン型、壁面収納型の使い勝手の違い

パントリーは大きく分けて、ウォークインタイプの個室型とオープン型、キッチンの背面に設ける壁面収納型という種類があり、使い勝手には違いがあります。

ウォークインタイプの個室型やオープン型は、キッチンに隣接した場所に設けるのが一般的。ウォークインタイプは収納量が多く、大型のモノもしまいやすいことが特徴です。扉を設置した個室型は生活感を排除できることがメリットですが、食品などをしまうときやとりに行く都度、扉を開け閉めする動作が発生するため、手間に感じる可能性があります。そのため、個室型のパントリーの扉は、ドアよりも引き戸の方が、開けた状態のままにもしやすいため向いています。

一方、扉のないオープン型はキッチンから行き来しやすいことがメリット。ただし、出入口の向きによっては、一部がリビングダイニングから見えてしまいます。整然と収納をしていなければ、生活感が出てしまう点に注意しましょう。

パントリーはキッチンの背面の壁やなどに、壁面収納型として設ける方法もあります。設置スペースを抑えられ、調理中にモノをとりやすいことがメリットです。壁面収納型はリビングダイニングから目につきやすいため、扉をつけた方が生活感を感じさせず、すっきりと見えます。扉のないオープン棚とする場合には、ボックスやバスケットを使い、「見せる収納」とする工夫をしましょう。

・適度な広さや奥行にする

ウォークインタイプの個室型やオープン型のパントリーは、1~2畳程度の広さが目安です。通路の幅は60cm程度とすると、無理なく通ることができて空間を有効に使えます。

パントリーの棚の奥行はどのタイプでも、30~45cm程度が適切です。奥行が深過ぎると、奥にあるものを取り出しにくく、浅いと収納力を確保できません。

■パントリーの収納のコツ

パントリーは上手に収納することで、使い勝手が良く、見た目にも美しいスペースになります。棚の高さによって収納するモノを分け、収納グッズを活用して分類するのがコツです。

・棚の高さで収納するモノを分ける

パントリーは棚の高さによって収納するモノを分けると、出し入れの負担が軽減できます。

棚の上部には、軽くて消費期限が長い食品や、ラップやアルミホイル、キッチンペーパーなどの消耗品をしまいます。棚の中ほどに入れるのは使用頻度の高い食品や消費期限が比較的短い食品です。棚の下部に入れるのは重いモノ。米のほか、飲料や缶詰のストックを箱ごと置くのに便利で、ホットプレートや土鍋などを収納するのにも向いています。

・ボックスやバスケットで分類

パントリーに食品などをしまうときに、収納ボックスやバスケット、あるいはファイルボックスで種類ごとに分類しておくと、使い勝手がよく、見た目もすっきりします。棚の幅や奥行を測り、できるだけ隙間なく並べられるようにボックスなどを選びましょう。

収納ボックスは、半透明タイプは中身がわかりやすいという利点があります。中が見えないタイプの方が生活感を排除できますが、中身がわかりにくいため、ラベルをつけておくと便利です。また、高い位置の棚に使う収納ボックスは、取っ手のついたタイプを選ぶととりやすいです。

・奥行のあるパントリーは引き出し収納を活用

パントリーの棚の奥行45cm以上ある場合は、奥のものが取り出しにくくなります。そこで、市販の引き出し収納を活用すると、出し入れがしやすいです。

■パントリーの設置費用の目安

一般的にパントリーの設置費用は、高い方からウォークインタイプの個室型、オープン型、そして壁面収納型の順になります。ウォークインタイプは小部屋として設けるため、壁の設置費用がかかり、扉を設ける分、個室型の方が高くなります。壁面収納型も扉をつけないオープン棚とすると費用を抑えられます。

個室型やオープン型のパントリーの設置費用は10万円~50万円程度が目安です。壁面収納型は空いているスペースにオープン棚を付けのであれば5万円程度~できますが、扉を設ける場合には20万円以上かかることもあります。

■機能的でおしゃれなパントリーの施工事例

リノベーションで機能面とデザイン面を両立させたパントリーの施工事例を紹介していきます。

・玄関からも出入りできる2WAY仕様

玄関からも出入りできる2WAY仕様

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=102

玄関からもキッチンからもアクセスできるオープン型のパントリーの事例です。扉の向こうが玄関の土間になっているため、買い物したモノや宅配便で届いたモノを直接パントリーに置くことができて便利です。また、パントリーは冷蔵庫置き場のほか、洗濯機置き場も兼ねていて、家事動線に配慮されています。

・パントリーに冷蔵庫を設置して生活感のないキッチンに

パントリーに冷蔵庫を設置して生活感のないキッチンに

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=145

生活感のない空間を目指して、パントリーを設置した事例です。使っていないモノが出したままにならないように、持ち物のすべてが収納スペースに収まるようにしたいという施主の希望に沿って、収納が充実した住まいとなっています。

パントリーに収納ボックスが整然と並んでいて、おしゃれな印象

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=145

オープン型のパントリーに収納ボックスが整然と並んでいて、おしゃれな印象です。片側は冷蔵庫置き場となるようにプランされています。

・スタイリッシュな壁面収納のパントリー

スタイリッシュな壁面収納のパントリー

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=22

キッチンの横の壁を利用した壁面収納型のパントリーの事例です。白の扉が設置されていることで、生活感のないスタイリッシュなパントリーとなっています。キッチンは、廊下側とリビングダイニング側の2方向から行き来できる間取りとなっているため、玄関からもアクセスしやすいです。

・デッドスペースを活かしたオープン棚のパントリー

デッドスペースを活かしたオープン棚のパントリー

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=16

デッドスペースとなっていた場所を活かして、オープン棚のパントリーを設けた事例。既存のプランでは、パイプスペースがある関係で、調理スペースの一部の奥行が浅くなっていた箇所に、オープン棚を設けました。カゴを使った収納がカフェ風のインテリアにマッチしています。

■まとめ

パントリーを設けると、食品を大量にストックしやすく、生活感のないキッチンを目指すこともできます。ただし、必要なスペースは住む人によって異なり、限られたスペースを有効に使うには、プランニングにノウハウが必要です。リノベーションでパントリーを設けたい場合は、リノベーション会社などのプロに相談してみましょう。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求