住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

おしゃれな壁紙を選ぶコツとは?素材や種類を知って理想の部屋に!

壁紙は、部屋の中で最も面積の大きい部分。部屋の印象を左右するので、失敗のないように選びたいものです。しかし「色や素材をどう選べば良いかわからない」「白い壁紙は無難だがつまらない」という方も多いのではないでしょうか?今回は、おしゃれな壁紙で理想のお部屋をつくるための素材や種類、色の選び方を解説します。

色物クロスのアクセントウォール
こんな方におすすめの記事です
  • 壁紙にはどのような種類があるか知りたい方
  • 壁紙によってどのような性質の違いがあるのか知りたい方
  • おしゃれな壁紙の施工事例を見たい方

CONTENTS

■壁紙のグレードの選び方

壁紙は「量産品」と「1000番台」、大きく2つのグレードに分けられます。

・量産品

お値段が安めの壁紙です。メーカーの定番品で、大量生産でコストダウンしています。使われるインクが3種類ほどであるため、色や柄のバリエーションは少なめ。特にデザインにこだわりのない方や、予算を安く抑えたい方におすすめです。

・1000番台

量産品より少し値段が高めの壁紙です。多色のインクが使われており、さまざまなデザインから選べます。壁紙のデザインや機能性にこだわりたい方、ありきたりなデザインは避けたい方におすすめです。

■壁紙の素材の選び方

日本のほとんどの住宅ではビニールクロスが使われていますが、他にも布や紙・珪藻土などさまざまな壁紙があります。デザイン、価格、お手入れのしやすさなどで選びましょう。

・ビニールクロス

日本で最もよく使われる、塩化ビニール樹脂などでできた壁紙です。コストが安く、水拭きできるのが魅力。防カビ・抗菌・汚れ防止などの機能性壁紙も豊富です。

・織物クロス

レーヨン・絹・麻などの布でつくられた壁紙です。平織・綾織・朱子織など、糸の織り方による表情の違いも楽しめます。ビニールクロスに比べて値段は高めですが、高級感と重厚感がでます。水分やホコリがつきやすいため、こまめに掃除しましょう。

・紙クロス

名前の通り、紙でできた壁紙です。独特の風合いが魅力で、人体や環境に優しいことから選ぶ方も多いです。手漉きの和紙や柄つきなど、豊富なデザインも楽しめます。

・オレフィンクロス

ポリエチレン・ポリプロピレンなどの合成樹脂でできた壁紙です。ビニールクロスのように、汚れにくく水拭きも可能です。廃棄時に燃やしても有害ガスがほとんど発生しないため、環境にも優しいといわれています。

・木質系クロス

自然木を薄くカットし、紙に裏打ちした壁紙です。木ならではの温もりや表情を感じられます。他の壁紙に比べて、値段は高めです。

・珪藻土クロス

天然素材の珪藻土でできた壁紙です。調湿性・消臭性に優れており、塗り壁のようなテクスチャが楽しめます。塗り壁に比べて施工が簡単で、価格も安く抑えられます。

・無機質クロス

金属やガラス繊維など、無機質な原料でつくられた壁紙です。ほとんどの壁紙は防火2級ですが、無機質クロスは防火1級で簡単には燃えません。一般住宅で使われることは少なく、防火1級が指定されている場所での使用がメインです。

■壁紙の機能性で選ぶ

小さなお子さんやペットのいるご家庭、アレルギーの気になる方は、壁紙の機能にも着目してみましょう。

・汚れにくい壁紙

子供の落書き、タバコのヤニ汚れなどが気になる方におすすめです。汚れの付着しにくいフィルムやコーティングが表面に加工してあり、さっと水拭きするだけで汚れが落ちやすくなっています。

・ペット対応の壁紙

愛犬や愛猫との暮らしで悩ましいのが、壁の引っかき傷。耐久性の高い、ペット対応の壁紙がおすすめです。消臭機能を兼ね備えている壁紙もあります。

・空気をきれいにする壁紙

ペットやタバコの臭いが気になる方は消臭機能、花粉やウイルスなどから家族を守りたい方は抗ウイルス・抗アレル機能をもった壁紙も検討してみましょう。花粉やダニを吸着する薬剤や、臭い物質を吸着・消臭する消臭剤などが表面に塗布されています。

・調湿効果のある壁紙

吸水性ポリマーや珪藻土を使った壁紙は、湿度が高いときに湿気を吸い、空気が乾燥しているときに放出します。湿度を適度に保つことで快適に過ごせるのはもちろん、結露・カビの抑制効果も期待できます。

・室内を明るくする壁紙

光をよく反射する素材で、お部屋が明るくなる壁紙もあります。自然光があまり入らないお部屋や、電気代を削減したい方におすすめです。

■壁紙の色やデザインを選ぶときのポイント

壁紙を決めるときに、一番気になるのが色選び。3つのポイントを押さえておきましょう。

・理想のお部屋をイメージ

まず、どんなお部屋にしたいのか、具体的にイメージします。インターネットや雑誌で、好みのお部屋を探してみましょう。例えば「暗めの高級感がある壁紙で、落ち着ける空間にしたい」「白い壁紙で、ぱっと明るく開放感のあるお部屋にしたい」など、壁紙の質感や色の希望が絞られてくるでしょう。

・床やドアの色との相性やバランス

同じブラウンのフローリングでも、赤みや黄み、グレーがかったものなど、色味は微妙に異なります。例えば、赤っぽいフローリングに黄みがかった壁紙だと、アンバランスになることもあります。壁紙単独ではなく、床やドアとの相性も考えて選びましょう。

・なるべく大きなサンプルで確認

カタログや小さなサンプルで色を見た時より、実際にお部屋に張ったときの方が「淡く・明るく」見えます。なるべく大きなサンプルで色や柄を確認し、少し「濃いめ・暗め」の壁紙を選ぶと、実物とのイメージのギャップが少なくなります。

■壁紙の張り替えリフォームの費用相場

壁紙のグレードによる業者のリフォーム費用相場は、次のとおりです。

壁紙張替えのリフォームの相場
※材料費+施工費

上表は「壁紙1mあたり◯円」という価格表示で、壁紙が何m必要かによって金額が変わります。

・一般的な洋室

洋室の一般的な張替え相場

6帖の洋間の壁面積からドアや窓・クローゼットなど開口部の面積を引くと、必要な壁紙の量は40m前後 。例えば1,200円/mの壁紙に張り替えるなら、費用は1,200円×40m=48,000円と計算できます。

・LDK(14帖)

LDK

壁紙のグレードやLDKの形、何種類の壁紙を使うかなどの条件で費用は変わります。

・3LDKのマンション(60~80㎡)

3LDK

廊下やトイレなどを含めてすべて張り替える場合、必要数量は300m前後。もちろん同じ3LDKでも、部屋の広さや壁紙のグレードなどによって費用は大きく変わります。

・DIYする場合

壁紙張り替えの費用を抑えたいなら、DIYも検討してみては?最近は通販やホームセンターなどで、生のり付きの壁紙が売られていることもあります。

例えば「1mあたり250円」の壁紙を洋室6帖(必要数量35m)に張る場合、費用目安は250円×35m=8,750円。業者に頼むのに比べて格安です。

DIYのデメリットは、手間がかかること。家全体を一気に張り替えるのは大変なので、「壁の1面だけをアクセントウォールに」「子供部屋だけ雰囲気を変える」など、狭い範囲からチャレンジするのがおすすめです。

■【施工例あり】リビングのおしゃれな壁紙の選び方

壁紙の基本を押さえたところで、お部屋ごとにおしゃれな壁紙の選び方を解説していきます。まずはリビングから見ていきましょう。

・ホワイト系で明るく開放感なリビングに

ホワイト系で明るく開放感なリビングに

コンパクトで日当たりの悪いリビングにおすすめしたいのが、白・ベージュなど明るい色味の壁紙。光を拡散して部屋全体が明るくなります。膨張色で、部屋が実際より広く見えるのもメリットです。

日当たりの良いリビングは、壁紙が白すぎると眩しく感じることもあります。クリーム色やベージュに近い色を選ぶと、少し落ち着いた雰囲気になります。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・ダークな色で落ち着いた空間を演出

ダークな色で落ち着いた空間を演出

重厚感のある落ち着いた空間にしたいときは、グレーやブラウンなど、黒に近い色の壁紙がおすすめです。注意点は、圧迫感を与えやすいこと。リビング全体を暗い色使いにすると狭く見える場合は、部分的にダークな壁紙にしたり、上の写真のように床の色を明るめにしたりしてバランスを取りましょう。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・天井との相性もよく考える

天井との相性もよく考える

同じ白い壁でも、天井や床の色によって雰囲気は大きく変わります。例えば上の写真は、壁と床は白でまとめて、天井に無垢板を張った事例。白だけだと殺風景になりがちですが、木の豊かな表情がほどよいアクセントになっています。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■【施工例あり】キッチンのおしゃれな壁紙の選び方

キッチンは水や油が飛ぶことが多いので、耐水性・防汚性にすぐれた壁紙がよく選ばれます。無地クロスが無難ですが、色や柄を取り入れてLDK全体のアクセントにするのもおすすめです。

・色物クロスのアクセントウォール

色物クロスのアクセントウォール

LDK全体はオーソドックスな白い壁紙、キッチンの壁一面だけにアクセントクロスを用いた事例です。おしゃれな淡いブルーが、LDKの雰囲気を格上げしています。

色物クロスはコーディネートが難しそうですが、それは色の選択次第。ビビッドな色は難易度が高いですが、淡い・くすんだ色なら、どんな家具や小物ともよく合います。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・タイルなど異素材の組み合わせ

タイルなど異素材の組み合わせ

全体はオーソドックスな壁紙にして、部分的にタイルなどの異素材を使うのもおしゃれです。こちらの事例は、全体が白い壁紙でキッチン背面のみ、ブルー系のタイルを張っています。タイル張りで予算オーバーするなら、タイル柄の壁紙を張る方法もあります。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■【施工例あり】トイレのおしゃれな壁紙の選び方

トイレは狭く限られた空間なので、色柄物のクロスにもチャレンジしやすいです。ぜひ小さな空間を、自分の好きなデザインにしてみてください。

・明るい色なら圧迫感が少ない

明るい色なら圧迫感が少ない

トイレによく使われるのが、部分的に色柄の壁紙を取り入れる「アクセントクロス」。上の写真では、正面の壁だけを淡いグリーンの壁紙に。白一色よりも、おしゃれな雰囲気となっています。明るい色なので、狭いトイレでも圧迫感が少なく、清潔感のある仕上がりです。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・濃い色なら落ち着いた空間に

濃い色なら落ち着いた空間に

濃い色の壁紙なら、落ち着いた雰囲気に。暖色系は、冬でも温かみを感じさせます。赤はトーンによって強すぎる印象になることもありますが、くすんだ色味なら柔らかい雰囲気です。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・柄物クロスにチャレンジ

柄物クロスにチャレンジ

柄物クロスは、柄の小さめのものを選ぶと圧迫感が少ないです。逆にビビッドなカラーや大きく派手な柄など、他の部屋ではなかなか勇気の出ない壁紙も、トイレだけならチャレンジしやすいですね。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■【施工例あり】洗面所のおしゃれな壁紙の選び方

水が飛び散りやすい洗面所は、撥水性にすぐれた壁紙を。表面がつるっとした素材は水がはねてもさっと拭き取りやすい一方で、表面に凹凸のある素材には、汚れが入り込みやすいです。

・モノトーンでホテルライクな洗面所に

モノトーンでホテルライクな洗面所に

真っ白な壁紙なら、清潔感のあるホテルのような洗面所に。小物類も合わせやすく、スッキリとした空間になります。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・明るい色で清潔感を

明るい色で清潔感を

明るい色のアクセントクロスを取り入れると、かわいらしく清潔感のある空間に。床の柄との合わせ方も魅力的です。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・柄物クロスでインテリアを楽しむ

柄物クロスでインテリアを楽しむ

こちらはタイル風の壁紙。六角形を敷き詰めたハニカム調がおしゃれです。最近はタイル風や石風など、ぱっと見ただけでは本物と見分けがつかないような壁紙もあります。予算の関係で本物のタイルや石が難しい方は、検討してみてください。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■【施工例あり】寝室のおしゃれな壁紙の選び方

寝室は落ち着いて過ごせる、安眠できる空間づくりが大切です。色選びにもこだわってみましょう。

・ホワイト系で清潔感を

ホワイト系で清潔感を

白・薄いグレー・ベージュのような薄い色の壁紙なら、ホテルのような清潔感を演出できます。純白だとまぶしいため、オフホワイト・アイボリーなど落ち着いた色味を選ぶのがコツです。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・濃い色をアクセントに

濃い色をアクセントに

壁1面など部分的に色柄を変える「アクセントクロス」は、寝室でもよく取り入れられます。写真のように濃い色を1面に入れると、落ち着いた雰囲気になります。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■【施工例あり】子供部屋のおしゃれな壁紙の選び方

子供部屋には、傷や汚れのつきにくい壁紙を選びましょう。色やデザインは、子供の年齢を考えて選ぶと失敗が少なくなります。

・コンパクトな子供部屋にはホワイト系を

コンパクトな子供部屋にはホワイト系を

狭めの子供部屋には、広く見える明るい配色を。飽きのこない壁紙は、小中学生など好みが変わりやすい年頃のお子様にもおすすめです。シンプルな壁紙は気も散りにくく、勉強にも集中しやすいでしょう。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・アクセントクロスもおすすめ

アクセントクロスもおすすめ

小さいお子さんのお部屋なら、花・車・恐竜などの柄クロスで楽しい雰囲気をつくるのも良いですね。飽きたらどうしようと不安にもなりますが、壁紙は約10年で張り替え時期がくるため、意外と気軽に取り入れられます。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■【施工例あり】玄関のおしゃれな壁紙の選び方

玄関は、お客様をお出迎えするところ。家の第一印象を決めるので、色柄は慎重に選びましょう。汚れやすい場所なので、汚れにくさ・消臭機能をもった壁紙もおすすめです。

・ホワイト系で清潔感のある玄関に

白っぽいクロスなら、明るく清潔感のある玄関に。小物や絵画を合わせやすいのもメリットです。

ホワイト系で清潔感のある玄関に

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・アクセントクロスでおしゃれな玄関に

アクセントクロスでおしゃれな玄関に

おしゃれな雰囲気にしたいなら、アクセントクロスを取り入れるのがおすすめです。一気に雰囲気が変わりますよ。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

・色物クロスでショップのような雰囲気に

色物クロスでショップのような雰囲気に

全体をカラークロスにすれば、まるでショップのような雰囲気に。靴やコート類を見せる収納にして、インテリアの一部にするのもおしゃれですね。

→こちらのお部屋の写真をもっと見る

■まとめ

実際の写真を見てみると、壁紙で雰囲気が変わることがよく分かります。色はもちろん、質感や機能性にもこだわってみてください。自分だけで選ぶのは難しいため、予算や好みなどプロに相談することをおすすめします。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求