住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

セミオープンキッチンの特徴やメリット~開放性と独立性をほどよくバランスさせた3選~

今回の記事はキッチンの事例です。今回は、他の部屋からの独立性がありながら、程よい開放性も兼ね備えるセミオープン型のご紹介です。

6-3.オープン型キッチン

前回の記事では、部屋と一体化したオープンなキッチンの事例をご紹介しました。今回は「部屋と一体化した」までは同じなのですが、フルオープンではなくセミオープンタイプのキッチンをご紹介します。

※「セミオープン」など、キッチンの「型」についてはこちらの記事をご参照ください。

■セミオープンキッチンとは

セミオープン型のキッチンとは、オープン型とクローズ型の中間に位置するキッチンです。中間型、というのも、なかなかこれといった定義がしにくいのですが、ざっくり、オープン型でもクローズ型でもない、ほどよくミックスされたタイプだとご理解いただければよいかと思います。

■セミオープンキッチンの特徴・メリット

・リビング・ダイニングとキッチンとの間の視界がオープン型ほどは確保されておらず、ほどよい開放感。結果、キッチンとリビング・ダイニング間でそこそこコミュニケーションしやすい

・クローズ型のように「リビング・ダイニングと出入口のみでつながっている」という状態ではなく、独立性はさほどない。ただ、天井側には吊戸棚や垂れ壁、あるいは手元には立ち上がりがあったりするので、結果、油はね・水はね対策、あるいは煙・においがリビングに流れるのをある程度は抑制できる

というものです。なんだかちょっとわかりにくいのですが、百聞は一見に如かず。今回は、そんな開放性と独立性をほど良くバランスさせたキッチンを紹介していきます。

 

1.ちょっとだけ見せるキッチン

このキッチンは、シンクの一部分だけリビング・ダイニングに対してオープンになっている、言うなれば「ちょっどだけ見せる」キッチンです。

1-1.セミオープン型キッチン

 

画像はキッチンからの視点ですが、逆にリビング・ダイニング側からキッチンを見ると、シンクの辺りだけがちらっと見え、調理台・コンロは壁で隠れています。そのため、調理台にモノを置いて、多少雑然としても気になりません。シンクの上部は少ししゃれた木製の吊戸棚になっているので、見た目を良くすると同時に、収納としても有効活用できる設計です。照明の具合も相まって、なかなか雰囲気が出ていますね。

キッチン自体はオーソドックスなつくりですが、リビング・ダイニングからも見えるカウンター部分はタイルを配置し、ちょっとしたこだわり感を演出しています。カウンターはそこそこの幅も確保され、高さもタイル一つ分ぐらいなので、調理したものや食器をここでカンタンに受渡しできそうですね。

また、写真では少々分かりにくいですが、コンロの前と横は壁にしているので、リビングへ煙/におい/油はねが行くことも防いでくれます。また、コンロが壁に囲まれていて、リビング・ダイニング側から見て奥まってもいるため、火元が遠く、小さい子供がいても安心して調理できますね。

 

2.オープンとクローズの良いとこどりをしたキッチン

次に紹介するのは、オープン型とクローズ型のキッチンの長所だけを集めたような、まさに「良いとこどり」のキッチンです。

2-1.セミオープン型キッチン

 

一見すると、ほぼ出入り口でのみで繋がっているため、クローズ型に近い独立性があります。しかし、視界は閉じているかというとそうではありません。シンクの前の壁は見通しの良いガラス窓になっていて、リビング・ダイニング側への視界が十分確保されています。オープン型よりも少々会話はしにくいですが、目を届かせることは十分できます。たとえば小さい子供がリビング・ダイニングで遊んでいるのを見守りながらシンクで洗い物作業ができたりもしますね。

一方、天井と梁、そして壁を上手くつかい、空気の流れをキッチンとリビング・ダイニングで上手く分断しているのも分かると思います。このおかげで、コンロから出る煙/におい/油はねをある程度、キッチン内に抑えることができるというわけです。

 

3.梁を上手につかったキッチン

最後にご紹介するのは、梁を上手に垂れ壁代わりにつかった、適度に独立性のあるキッチンです。

3-1.セミオープン型キッチン

 

梁があることで、天井部分はキッチンとリビング・ダイニングとがほどよく分断されています。これにより煙が出ても多少はリビング・ダイニング側に流れにくくなっています。

キッチンのレイアウトはL型を採用。火元部分は壁側に面させることで油はねを最小限の範囲に押さえています。また、料理をしながら少し顔を横に向けるだけで、リビング・ダイニングの様子も見ることができます。これは、セミオープンキッチンかつ、L型のキッチンだからこその利点と言えるでしょう。

このように、セミオープン型のキッチンは、オープン型とクローズ型の利点をほど良く織り交ぜたのが特徴です。また、セミオープン型といっても、キッチンの形状や垂れ壁の素材や大きさなど、色々な面で特徴を出せるので、どのタイプのキッチンが理想かを考えながら見てみてください。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求