住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

アイランドキッチンの施工事例9選!おしゃれで使いやすい間取りのコツ

LDKをリノベーションをするなら、おしゃれなアイランドキッチンにしたい!そんな憧れを持つ人も多いのではないでしょうか。デザイン性が高く、LDKの主役になる開放感と存在感が魅力です。そんなアイランドキッチンの特徴やメリットとともに、デメリットや注意点も知っておきましょう。

こんな方におすすめの記事です
  • アイランドキッチンの魅力やメリットを知りたい
  • アイランドキッチンのデメリットや注意点を知りたい
  • おしゃれなアイランドキッチンの施工例が見たい

■アイランドキッチンとは?

キッチンレイアウトのバリエーションはたいへん豊富です。まず、キッチンをリビング・ダイニングと同じ空間に配置する「LDKタイプ」と、別の空間に切り分ける「独立タイプ」に分けることができます。かつては独立タイプも多く見られましたが、近年はLDKタイプが主流です。それでは、アイランドキッチンをはじめとする、キッチンのおもなレイアウトパターンを見ていきましょう。

・アイランドキッチン

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=127

「アイランド(島)」の名前が示すとおり、海に浮かぶ島のように四方が壁から離れているキッチンです。ダイニングやリビング側を向いて作業をする対面キッチンとなります。

・ペニンシュラキッチン

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=93

「ペニンシュラ」には「半島」という意味があります。作業台のどちらか片側が壁に付いているタイプの対面キッチンです。

・壁付けキッチン(I型)

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=118

壁に沿ってキッチンを設置するレイアウトです。設置面積が少なくコンパクトな場所にも配置しやすいというメリットがあります。

・L型キッチン

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=71

コンロ部分とシンク部分をL字型にレイアウトしたキッチンです。配置の向きにより壁付けタイプにも対面タイプにすることができます。作業動線が短く、効率よく調理できることが特徴です。

・II型キッチン(セパレートキッチン)

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=131

シンク部分とコンロ部分を分け、壁付け側と対面側とで平行にレイアウトしたキッチンです。対面キャビネットが壁に接するペニンシュラタイプと、壁から離れるアイランドタイプがあります。

■アイランドキッチンのメリット

・開放的でスタイリッシュ

アイランドキッチンの最も大きな特徴といえば、その開放感とデザイン性ではないでしょうか。周囲を吊戸棚や壁に囲まれていないため視線が遮られず、LDKの中心的な存在になります。住宅設備のメーカーもアイランドキッチンについては特にデザイン性を重視しており、住まいの主役になりそうな「魅せるキッチン」が多く販売されています。

・キッチンの両側から出入りできる

アイランドキッチンは壁に接していないため、左右どちらからも出入りが可能で動線が一方通行になりません。多様な生活動線を描きながら、キッチンの周囲を回遊するように家事を進行することができます。

・複数人で使いやすい

周囲360度に人が立つスペースがあるため、複数人で使いやすいです。お子さまと一緒にお菓子作りをしたり、夫婦で調理をしたり…そんな作業がしやすくなります。仲間を招いてホームパーティーをしたい人にも、アイランドキッチンはおすすめです。

・コミュニケーションが取りやすい

アイランドキッチンは対面タイプなので、リビングやダイニングで過ごす家族とコミュニケーションを取りながら家事ができます。キッチンに立ちつつ、おもちゃで遊ぶ小さなお子さまの様子に目を配ったり、リビング学習をするお子さまの質問に答えてあげたりできるため、子育て世代にも人気です。

■アイランドキッチンのデメリット

・キッチンの周囲にゆとりが必要

アイランドキッチンの周囲には、ある程度の広さが必要です。コンパクトな空間にアイランドキッチンを押し込めてしまうと、そのメリットを活かしきれないだけではなく、狭苦しく使い辛くなってしまう可能性があります。リノベーションの場合、LDKに隣接する居室を取り込んで空間を広げるなど、間取りの見直しも含めた工事が必要になるかもしれません。

・収納量が確保しづらい

アイランドキッチンには吊戸棚がないため、収納量を確保しづらいです。キッチンキャビネットのみにキッチン用品を収めるのが難しい場合は、背面収納などの設置が必要になります。

・においや汚れが広がりやすい

アイランドキッチンは周囲に壁がなく開放的なため、油煙やにおいが部屋全体に広がりやすいです。換気扇は排気量が多い製品を設置し、スムーズに空気が入れ替えられるように入念な換気計画を立てる必要があります。また、レンジフードはセンターフード(天井付けタイプ)のみとなるため、機種の選択肢が限られてくるでしょう。なお、コンロの前にガラスパネルを設置すると、調理時の油の飛び散りを軽減することができます。

・手元が散らかっていると目立つ

アイランドキッチンは、デザイン性が高い「見せるキッチン」ですが、裏を返せば周囲から丸見えになるキッチンともいえます。キッチンは毎日使うため散らかりやすい場所ですが、そのせいでLDK全体が雑然とした印象になってしまうことも。カウンターに立ち上がりをつけると開放感は少し下がりますが、手元が隠れるため少し散らかっていてもリビング・ダイニング側からは見えず、すっきりとした印象を保ちやすくなります。

・価格が高め

アイランドキッチンは壁に接していないため、キャビネットの四方を面材で囲む必要があります。使用する部材が多くなることから、同じグレードのキッチンでも壁付けやペニンシュラ型に比べて価格は高めになります。また、デザイン性が高くメーカーの製品ラインナップのなかでも中〜上位機種に位置することが多いです。アイランドキッチンの費用目安は中価格帯の製品で120〜200万円ほどとなり、ほかのタイプのキッチンに比べて高めになります。

■アイランドキッチンの間取りを考えるポイント

快適なアイランドキッチンにするため、間取りを計画する際のポイントを確認してみましょう。

・動線に沿ったプラニング

「洗濯と調理を同時進行する」「購入した食品を冷蔵庫にしまう」「夫婦でキッチンに立つ」「ダイニングテーブルに配膳する・お皿を下げる」「子どもの世話をしながら調理をする」…さまざまな生活シーンを想定してみましょう。その上で、効率の良い動線を描けるようにキッチンの配置を決めていきます。

・通路は広すぎず・狭すぎず

アイランドキッチンの周囲には十分なゆとりが必要です。キッチン周りには最低70cmほどの通路を確保したいもの。ただ、キッチン周りは広いほど使いやすそうにも思えますが、むやみに通路を広くすると移動距離が大きくなり、疲れやすくなってしまいます。アイランドキッチンと壁や収納の間は目安として80〜90cm、大人2人でキッチンに立つことが多ければ100cm以上確保したほうが良いでしょう。とはいえ、これらの数値はあくまでも目安です。使う人の体格や感覚によって快適な広さは異なります。既存のキッチン周りの距離を測っておき、使いやすい距離・使いづらい距離を見極めると良いでしょう。

・収納の量と位置

アイランドキッチンは収納量が確保しづらい傾向があるため、入念な収納計画を立てたいもの。使いやすい収納とは、単純な容量だけではなく、物の片付けやすさと出しやすさが重要です。キッチンに配置・収納する予定の調理家電や食器、そのほか掃除用品などをできるだけ具体的に挙げてみましょう。どれくらいの量を所持しているのか、どこに仕舞ってあれば使いやすいのかを考えながら、収納の大きさや形状を計画していきます。

■おしゃれなアイランドキッチンの施工事例9選

・すっきりモノトーンのアイランドキッチン

こちらは1LDKのマンションをリノベーションした事例です。間取りの大幅な見直しにより、既存の壁付けキッチンから開放的なアイランドキッチンのLDKに生まれ変わりました。手前側に椅子を置けるカウンター仕様のため、朝食をとったりお茶を飲んだりするスペースとしても便利です。

モノトーンのキッチンとリンクする、ガラス戸の黒い窓枠。アイランドキッチンに立つと、隣の部屋やさらにその先のバルコニーまで視線が届きます。友人や家族を招待してホームパーティーを楽しみたくなりそうな伸びやかな空間です。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=80

・オリジナルの造作アイランドキッチン

こちらは、グローバルベイスとセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」のコラボによるリノベーション事例です。ほかでは見られない個性的なアイランドキッチンは、オリジナルで制作したもの。ガラス扉のキャビネットに、お気に入りの食器や雑貨を飾りながら収納できます。

キッチンの横に冷蔵庫置き場を配置しているため、家族が「ちょっと飲み物を取りたい」と扉を開けるときにも、調理する人との動線がぶつかりません。黒いキャビネットの落ち着いた色調に、人造大理石天板の美しいマーブル模様が引き立ちます。壁面のモザイクタイルやステンレスが鈍く輝くレンジフード、ヘリンボーン張りのフローリングなど、素材の質感が調和する空間です。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=119

・爽やかブルーのアイランドキッチン

ブルーのアイランドキッチンが印象的なリノベーション事例です。「仲間を招いてホームパーティーをしたい」という施主さまのご希望から、既存の居室を取り込んでLDKを拡大しました。キッチンのすぐ横にダイニングテーブルを配置しているため、一直線の動線により配膳や片付けが効率よくできます。

キッチンには立ち上がりを設けているため、リビング・ダイニング側からは手元が見えずすっきりした印象を保ちやすいです。背面に設けた大型のカップボードに、調理家電や食器類をたっぷり収納できます。冷蔵庫のあるコンロ側からも出入りができるので、お買い物の後はLDKに入ってすぐ、遠回りすることなく食材を仕舞うことが可能です。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=125

・ひろびろII型のアイランドキッチン

こちらは、セパレートタイプのアイランドキッチンです。約23.4畳もの広々としたLDKならではの、ゆとりあるレイアウトとなっています。壁面側にコンロおよびレンジフードを配置しているため、アイランド側の天井は照明のみというすっきりとした印象。キッチンおよびダイニングテーブルを中心として、回遊するように調理・配膳・片付けの動線を描くことができます。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=113

・シックな北欧風アイランドキッチン

こちらは、ナチュラルブラウンとペールトーンでまとめた北欧風のリノベーション事例。アイランドキッチンには手元の立ち上がりがあり、リビング側からは天板が見えずいつもすっきりとした印象です。キッチンを囲むように造作したL字型のカウンターテーブルは、食事の場としてはもちろん、PC作業や書き物の際にも便利に使えます。

アイランドキッチンの背面には、ウォールラックとキャビネットを設け、見せる収納と隠す収納を両立。優しいブルーグレーの壁に、お気に入りのキッチン雑貨が映えます。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=96

・堂々たる白のアイランドキッチン

28.6畳の伸びやかなLDKの中心に、真っ白なアイランドキッチンを配置したリノベーション事例です。背面には同じデザインで大容量のキャビネットを設けており、調理器具や食器をたっぷり収納できます。

白とナチュラルブラウンで構成された明るい空間を、人造大理石天板のダークグレーが引き締めています。奥行きを確保した大きな天板は作業効率がよく、パーティー用の料理などを一度に沢山作ることが可能です。アイランドキッチンの周りを人が囲めるので、広い空間を活かして自宅サロンを開催することもできそうですね。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=90

・家族を見渡す伸びやかアイランドキッチン

日当たりの良い角部屋のLDKにアイランドキッチンを設けたリノベーション事例です。コンロのすぐ横に掃き出し窓があり、遠回りをせずにキッチンから直接バルコニーに出ることができます。また、キッチンの隣に洗濯機置場があるため、調理と洗濯の同時進行がしやすく、効率の良い家事動線を描くことができる間取りです。

キッチンに立つと、LDKおよび隣接する居室を見渡すことができるため、お子さまの様子に目を配ったり家族と会話を交わしたりしながら、家事が進められます。調理中の油はねなどが飛び散りにくくなるよう、コンロの前にパネルを設置しました。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=107

・仲間と楽しむアイランドキッチン

採光部が多く明るい住まいを、落ち着いたトーンでまとめたリノベーション事例です。1LDKの単身向け物件ですが、ゲストを迎えて食事などを楽しみやすいようアイランドキッチンを設けました。背面に設けたウォールラックは、収納する物に合わせて棚の高さが自由に変えられます。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=6

・ナチュラルなアイランドキッチン

広々としたLDKにアイランドキッチンを設けたリノベーション事例です。既存の間取りを大きく見直し、居室を取り込んだことで広々とした空間が生まれました。キッチンは白い板張りで、ペンキで塗装した躯体現しの壁・天井、パーケット張りのフローリングのナチュラルな雰囲気と調和しています。

カウンターの手元に立ち上がりがあるので、キッチンが少々散らかっていても目立ちません。天井の配線やダクトをむき出しにしたラフな雰囲気と木の素材感により、カフェのようにリラックスできそうなあたたかな空間となっています。

https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=17

■まとめ

LDKと一体の開放感やデザイン性の高さが魅力のアイランドキッチン。家族でキッチンに立ちたい、ホームパーティーをしたい、そんな人におすすめです。導入にはある程度の面積が必要になるため、LDKの広さや生活動線を考慮したバランスの良い配置計画を立てましょう。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求