住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

システムキッチンとは?形状やワークトップの種類、施工事例を紹介

システムキッチンという言葉を見聞きすることはあっても、どのようなキッチンを指すのか、わからない人は少なくないのでは?昨今では、リノベーションで用いられるキッチンの多くは、システムキッチンです。

システムキッチンとは何か、形状やワークトップの種類などを解説したうえで、施工事例も紹介していきます。

DKの家具と一体化したI型キッチン
こんな方におすすめの記事です
  • システムキッチンの種類について知りたい方
  • リノベーションでシステムキッチンを替えたい方
  • システムキッチンの施工事例を見たい方
グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております

■システムキッチンとは?

システムキッチンとは、シンクやコンロ、調理台、収納などを組み合わせて、ワークトップ(天板)で一体化されたキッチンをいいます。

システムキッチンは様々なキッチンメーカーが展開していて、サイズやカラー、デザイン、価格帯などのバリエーションが豊富です。キッチンのスペースに応じて、メーカーがシリーズごとに設定しているパーツを自由に組み合わせることができます。

また、造作家具のようにオリジナルのシステムキッチンをつくることも可能です。

■システムキッチンと普通のキッチンの違い

ここでいう普通のキッチンとは、セクショナルキッチンと呼ばれるタイプのものです。普通のキッチンは独立したシンクやコンロ、調理台などを並べて配置するため、継ぎ目ができてしまいます。

一方、システムキッチンは、これらの設備などがワークトップで一体化されているため、継ぎ目や段差がないことから、お手入れがしやすいというメリットがあります。普通のキッチンは、コンロ台の上にテーブルコンロを置いて使用するタイプもありますが、システムキッチンは、ワークトップにコンロが埋め込まれたビルトインコンロが備えられています。そのため、システムキッチンはコンロ部分にも隙間や段差がありません。システムキッチンにはガスコンロではなく、IHクッキングヒーターをビルドインで設置することもできます。

また、食器洗い乾燥機は、普通のキッチンでは据え置き型のものを調理台の上に設置する形になります。システムキッチンはビルトインタイプを組み込みことが可能です。

■システムキッチンの形状の種類

システムキッチンには形状による種類があり、使い勝手などが異なります。間取りや設置スペース、ライフスタイルなどに合わせて選びましょう。

・I型キッチン

I型キッチンはシンクとコンロが1列に並ぶ、最も一般的な形状のキッチンです。I型キッチンは狭いスペースでも設置できます。ただし、サイズが大きくなると、調理や配膳の際の移動距離が長くなるため、作業効率が悪くなります。

・II型キッチン

II型キッチンは、2列の並行に配置された調理台のそれぞれに、シンクとコンロが配置されたキッチンをいいます。II型キッチンは、広い設置スペースが必要ですが、作業スペースは広くとれます。調理中などの移動距離は短い一方で、シンクとコンロが反対側にあるため、身体の向きを変える動作が頻繁に発生します。また、シンクからコンロへ食材などを運ぶ際に、床に水が垂れやすいことから、水に強い床材を使うことを検討しましょう。

・L型キッチン

L型キッチンは、L字の形状でシンクとコンロが90度に配置されたキッチンです。L字型キッチンは、調理中などの移動距離が短く、作業効率が高いのが特徴です。ただし、コーナー部分がデッドスペースになりやすいため、スペースを有効活用するには工夫が必要です。

・U型キッチン(コの字型キッチン)

U型キッチンは、コの字型の形状のキッチンをいいます。広い設置スペースが必要になりますが、収納や作業スペースが広くとれるのが特徴です。また、調理中などの移動距離も短く、作業効率がよいです。

ただし、複数人での調理はしにくく、圧迫感が感じられるケースもあります。また、コーナー部分が2箇所あり、デッドスペースになりやすい点はL型キッチンと同様です。

・アイランド型キッチン

アイランドキッチンは、四方が壁に接していない島(アイランド)のような形状にキッチンを指します。周囲に人が集まれることから、コミュニケーションが取りやすく、複数人での調理がしやすいのが特徴です。

一方でアイランドキッチンを設置するには、通路スペースを左右に設ける必要があるため、設置できる間取りには制約があります。臭いや煙が広がりやすいほか、油ハネも気になりやすいため、油ハネガードの設置を検討するといった対策が必要です。

・ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチンとは、コンロのある左右のいずれかが壁に接した半島(ペニンシュラ)のような形状のキッチンをいいます。片側が壁に接しているため、アイランドキッチンよりもレイアウトがしやすいです。ペニンシュラ型キッチンも、コミュニケーションを取りやすいのが特徴です。

一方が壁に接しているため、アイランドキッチンよりも油ハネは気になりにくいですが、臭や煙が広がりやすい点は同様です。

グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております

■システムキッチンでおすすめのワークトップの素材

システムキッチンのワークトップの素材は印象を左右するとともに、異なる特性を持っています。ワークトップの素材でおすすなのは、ステンレスと人工大理石、人造大理石です。

・ステンレス

ステンレスはスタイリッシュな印象を与える素材です。ステンレスは耐熱性や耐水性、耐久性、耐摩耗性に優れ、衝撃に強いのが特徴でお手入れもしやすいです。ステンレスは細かいキズがつきやすいのが難点ですが、キズがつきにくいように表面の加工がされたものもあります。

・人工大理石

人工大理石は、アクリル系樹脂、あるいはポリエステル系樹脂でつくられた人工素材で、色や柄のバリエーションが豊富なことが特徴です。単色のものや大理石を模したもの、人造大理石を模したものなど様々な柄があり、インテリアに合わせて選びやすいです。一般的に人工大理石は人造大理石よりもリーズナブルです。

アクリル系樹脂を使った人工大理石の方がポリエステル樹脂を使ったものよりも、耐候性に優れ、衝撃にも強いという特性があります。ただし、人工大理石は熱に弱いため、熱い鍋を置くときには鍋敷きを使うといった対処が必要です。

・人造大理石

人造大理石は、アクリル系樹脂、またはポリエステル系樹脂に粉砕した天然石を混ぜた半人工素材です。天然石が使われていることから、高級感があります。人造大理石も大理石を模した模様のほか、単色のものなど、色や柄のバリエーションが豊富です。

人造大理石は耐久性や耐水性、耐衝撃性に優れていて、キズがついたら研磨することできれいな状態に戻せます。また、人造大理石も熱には弱いですが、熱に強い加工がされているものもあります。

■システムキッチンのリノベーション注意点

システムキッチンをリノベーションする際には、複数人で利用する場合は形状などによっては不便になる点に注意が必要です。また、システムキッチンを選ぶ際には、高さや奥行も重視するべきポイントになります。

・同時に複数人で使用する場合を考慮する

システムキッチンを頻繁に同時に複数人で使用することが想定される場合は、形状やレイアウトを考慮することが大切です。

I型キッチンで背面に壁や食器棚がある場合やII型キッチンは、通路幅が120cm以上ないと、すれ違いにくくなります。また、U型キッチンは3方が囲まれているため、動線が交差しやすく、複数人での調理には向いていません。

アイランドキッチンは左右から回遊できるため、複数人での使用に向いています。あるいは、I型キッチンやL型キッチンを、作業スペースとなるアイランドカウンターと組み合わせると、複数人で使用しやすいキッチンになります。

・使う人に合った高さと奥行にする

システムキッチンは形状以外に、ワークトップの高さや奥行も使い勝手に影響します。ワークトップの高さはメーカーによる違いもありますが、80cm・85 cm・90 cmから選べるのが一般的です。ワークトップは低すぎると腰を痛めやすく、高すぎても作業がしにくいため、使う人に合った高さを選ぶのが望ましいです。ワークトップの高さは「身長÷2+5cm」が目安となります。たとえば、身長160cmの人であれば、85cmの高さが向いています。

また、ワークトップの奥行はメーカーやシリーズによって、65cm・60cmから選べるか、いずれかの設定となっている傾向があります。調理スペースを広く確保したい人や鍋を仮置きするスペースが欲しい人は、奥行が広い方が向いています。一方でキッチンの奥行がある方が広いスペースが必要になるため、間取りも考慮して検討しましょう。

■システムキッチンのリノベーションの施工費用の相場

システムキッチンのリノベーション施工費用は、既存のキッチンの撤去費用、新しいキッチンの取り付け工事費のほか、内装材の補修費用や張り替え費用がかかることがあります。レイアウトを変更する場合は内装材の補修や部分張り替えでは違和感が生じることが多く、内装を一新する場合は床材や壁紙の張り替え費用が必要です。

既存のシステムキッチンと同じ形状・サイズのキッチンに交換をするケースでは、内装の補修費用はほとんど発生しないことが多いです。既存のキッチンの撤去費用と新しいキッチンの取り付け工事費を合わせて、施工費用は20万円~35万円程度が目安です。

キッチンの位置を移動させる場合は、配管工事費用などが追加で20万円~40万円程度でかかります。このほかにキッチン部分の内装材の張り替え費用を含めると、施工費用は50万円~100万円程度となります。

ここに挙げた施工費用のほかに、キッチンのリノベーションにあたってはシステムキッチンの本体価格が必要です。システムキッチンの本体価格はグレードやサイズによる幅が大きく、数十万円~数百万円を超えるのものまでありますが、100万円前後がボリュームゾーンです。

■おすすめのシステムキッチンの施工事例

システムキッチンはLDKやDKの印象を大きく左右します。空間にマッチしているシステムキッチンや形状を活かしたシステムキッチンの事例を紹介します。

・DKの家具と一体化したI型キッチン

DKの家具と一体化したI型キッチン

→このリノベーション事例を見たい方はこちら

家具のようなデザインでDKに溶け込んでいる事例です。DKに備えられた壁付けのI型キッチンには、隣の造作収納と同じ仕上げ材が使われています。また、背面の壁には、キッチンから造作収納にかけて棚が設置されていることからも、一体感が感じられます。

・コンパクトなアイランドキッチン

コンパクトなアイランドキッチン

→このリノベーション事例を見たい方はこちら

アイランドキッチンは広いLDKに設置するケースが目立ちますが、12.8帖のLDKにコンパクトなシステムキッチンを設けた事例です。ホームパーティーを開く機会があるなど、複数人で料理を楽しむことが多い場合は、1人暮らしの住まいにもアイランドキッチンは向いています。

・北欧風U型キッチンが主役

北欧風U型キッチンが主役

→このリノベーション事例を見たい方はこちら

北欧風のデザインのU型システムキッチンが引き立つLDK。U型キッチンは圧迫感が生じることもありますが、上品な白のキッチンが軽やかな印象を与えるとともに、LD側に吊り戸棚がないため、開放感も感じられます。

■まとめ

システムキッチンの形状は間取りや設置スペースのほか、キッチンを同時に複数人で使用する頻度、ライフスタイルなどによっても向き・不向きがあります。また、システムキッチンはLDKの印象を大きく変えるアイテムです。システムキッチンと合わせて、LDK全体のリノベーションを検討するときは、リノベーション会社に相談してみましょう。

グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております