住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

おしゃれなキッチンパネルのリノベーション事例4選!種類や選び方は?

昔から水や熱に強い素材として、キッチンの壁に多く使われてきたのがタイル。しかし最近はタイルに代わって、キッチンパネルが使われるケースが増えています。キッチンパネルには色んな種類があり、インテリアやや掃除のしやすさにも影響します。今回はキッチンパネルのおしゃれなリノベーション事例や、選び方のポイントについてご紹介します。

ステンレスにこだわったスタイリッシュなキッチン
こんな方におすすめの記事です
  • キッチンの内装について迷っている方
  • おしゃれでお手入れしやすいキッチンにしたい方
  • キッチンパネルの種類や費用について知りたい方
グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております

■キッチンパネルのメリット

キッチンパネルとは、金属やメラミン樹脂などの素材でつくられたパネル状の壁材。次のようなメリットがあり、よく選ばれています。

・耐火性が高い

一つ目のポイントが、耐火性の高さです。キッチンパネルの素材は、金属やメラミン樹脂、ホーローなど熱に強いもの。キッチンの壁材として、コンロまわりなどに使うのにぴったりです。

・掃除がしやすい

タイルの欠点として「目地の掃除がしにくい」という点があります。それに対してキッチンパネルは一つひとつのパネルが大きいため、掃除のしにくい目地は最小限に。表面もツルッとしており、水や油が飛んでもサッと拭くだけで汚れを落とすことができます

・タイルよりも低価格

タイルを使ってリフォームすると、小さなタイルを一つひとつ壁に張るという細かい作業が発生するため、工事費が高くなります。一方、キッチンパネルは施工がしやすく目地も少ないため、コストは安めになります。

■キッチンパネルのリノベーション事例4選

キッチンパネルはデザインの種類も豊富なので、さまざまなLDKに合わせることができます。キッチンパネルのおしゃれなリノベーション事例をご紹介するので、デザインなど参考にされてください。

・白いキッチンパネルでリビングとの統一感を

白いキッチンパネルでリビングとの統一感を

最初にご紹介するのは、白いシンプルなキッチンパネルを選ばれた事例です。ツヤ感のあるパネルで、清潔感があって明るいキッチンになっています。

スッキリとした印象

LDK全体は白を基調に、木目をアクセントとして効かせたおしゃれなスタイル。生活感がでがちなキッチンも周囲になじんで、スッキリとした印象です。

→こちらのリノベーション事例を詳しく見る

・タイル調パネルで高級感のあるキッチンに

タイル調パネルで高級感のあるキッチンに

こちらはタイル調のキッチンパネルを、アクセント的に使用した事例です。コンロの横のグレーのパネルは本物のタイルのようで、非常に高級感がありますよね。

モダンな空間

LDK全体はモノトーンとブラウンでまとめた、落ち着きのあるスタイル。キッチンのタイル調のパネルや、ステンレスのレンジフードの素材感が効いていて、モダンな空間になっています。

→こちらのリノベーション事例を詳しく見る

・ステンレスにこだわったスタイリッシュなキッチン

ステンレスにこだわったスタイリッシュなキッチン

こちらはステンレスにこだわった、プロの厨房のようなかっこいいキッチンです。キッチンパネルに加え、キャビネットや作業台もステンレスを選ばれています。

LDK全体も無骨でかっこいい雰囲

LDK全体も無骨でかっこいい雰囲気。打ちっぱなしの天井に、ステンレスのキッチンがよく似合っていますよね。

→こちらのリノベーション事例を詳しく見る

・ステンレス×木の素材感がおしゃれなキッチン

ステンレス×木の素材感がおしゃれなキッチン

こちらのキッチンは、さまざまな素材感を組み合わせた事例。背面収納やカウンターに木材をたっぷり使い、コンロまわりのキッチンパネルはスタイリッシュなステンレスを合わせました。

LDK全体も一つひとつの素材選びにこだわったインダストリアルな空間

LDK全体も一つひとつの素材選びにこだわったインダストリアルな空間に。打ちっぱなしの天井ですが、木やステンレスなど組み合わせたことで無機質すぎず、とても居心地良さそうなLDKになっています。

→こちらのリノベーション事例を詳しく見る

■キッチンパネルのリノベーション費用相場

キッチンパネルとタイルのリノベーション費用の目安は下表のとおりです。

  工事費の目安
キッチンパネル 1~2万円/㎡
タイル 1.5~3万円/㎡

キッチンパネルの種類によっても費用は変動します。ホーロー製のパネルだと、材料費が高額になりやすいです。

グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております

■キッチンパネルの種類

キッチンパネルの種類は、不燃化粧版・金属板・ホーローの3つからよく選ばれます。

・不燃化粧板

不燃化粧板とは、不燃材にさまざまなデザインを施した部材です。キッチンでは主に「メラミン不燃化粧板」という、耐久性・耐火性の高いプラスチックで覆われたパネルが使われます。比較的安価で、色やデザインのバリエーションが豊富。大理石調、木目、石目などさまざまなデザインがあり、インテリアに合わせて選べるのが魅力です。

・金属板

ステンレスやアルミなどの金属でできたキッチンパネルは、プロの厨房のようなかっこいい雰囲気のキッチンにしたいという方におすすめです。磁石がつき、メモやレシピなどをマグネットでとめられる便利なパネルもあります。

・ホーロー

ホーローとは、金属の表面にガラス質を高温で焼きつけた素材です。表面に美しい光沢感があり、高級感のあるキッチンに。油汚れも簡単に落とせて、丈夫で長持ちです。マグネットがつき、ホワイトボード用マーカーで書いたり消したりできるので、家族の伝言板としても使えます。価格は他のキッチンパネルに比べて高めです。

■キッチンパネルの選び方のポイント

キッチンパネルの種類以外にも、次のようなポイントを考えて選ぶと、より理想のキッチンに近づきますよ。

・色やデザイン

キッチンの床やキャビネットはもちろん、隣り合うリビングやダイニングのインテリアとも合わせたデザインを選びましょう。木目調や白いシンプルなキッチンパネルなら、リビングやダイニングになじむスタイルに。逆に金属や大理石調などのキッチンパネルを、アクセント的に使うのもおすすめです。

・汚れの落ちやすさ

キッチンパネルはコンロまわりにあって、水や油などの汚れが飛びやすい場所です。清潔に保つためにも、汚れに強く簡単にお手入れできるものを選ばれると良いでしょう。キッチンパネルはどれも比較的汚れ落ちは良いですが、表面にコーティングがされていたり、凸凹が少ないデザインだとさらに汚れにくいです。

・マグネットがつくか

マグネットがつく素材かどうかも、一つのチェックポイントです。金属やホーローのキッチンパネルなら、マグネットでレシピやプリントを壁に貼ることができて便利。またマグネットでくっつくキッチン収納グッズも使えます

■キッチンパネルにリノベーションするときの注意点

最後に、キッチンパネルへリノベーションするときの注意点を3つ解説します。

・実物をショールームで見ると安心

キッチンパネルのデザインは、インターネットやカタログなどでも見ることができます。しかし色や質感の細かいニュアンスは写真だと伝わりにくいので、ショールームで実物を見て選ばれると安心です。

・内装制限に注意

キッチンのリノベーションをする際、絶対に抑えておくべきルールが「火気使用室の内装制限」です。建築基準法ではキッチンのような火を使う部屋の内装材、特にコンロまわりについては燃えにくい素材を使うことが義務付けられています。内装制限がかかる範囲は、お住まいの地域や建物の構造によっても違うので、細かいルールはリフォーム会社に聞いてみてくださいね。

・施工可能な下地か確認する

キッチンボードの施工は、ちょうどいい大きさにカットして接着剤等で貼り付け、目地の処理をするというのが基本になります。商品にもよりますが、キッチンボードを張りたい壁面が石膏ボードやケイカル板、モルタル面などであればそのまま施工可能。しかしRCの壁やALC躯体への直貼り、湿気を帯びた下地などそのままでは固定できない下地もあるので、各商品の施工ガイドをしっかり確認してください。

■まとめ

おしゃれなキッチンにする際、床や壁の素材選びはとても大切です。キッチンパネルもインテリアに大きく影響するほか、掃除のしやすさにも関わってくるので、こだわって選ばれることをおすすめします。他の壁紙やカウンターなど全体のバランスを見ながら、色や素材、張る範囲など考えましょう。

グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております