MYRENO JOURNAL

【写真事例あり】土間のある暮らし|MYRENO JOURNAL

最近見直され注目を集めている「土間」。リノベーションでマンションに土間を設けると、どのような生活を実現することができるのでしょうか。様々な事例を紹介し活用方法や素材ごとの特徴、メリット・デメリットまで詳しく解説いたします。

■土間ってどんなとこ

もともと土間とは、民家で屋内のスペースで床材を張らずに、地面の状態のまま仕上げられた空間をいいます。土足のまま、料理や農作業をするスペース、あるいは来客と話をするときに使われ、生活に欠かせない場でもありました。土間は内と外の中間的な場所であり、キッチンや作業場であるとともに、客間としての役割をも果たすなど、フレキシブルに使えるスペースであったのです。

現代の土間は土の状態のままではなく、モルタルやタイル、石などで仕上げられているのが一般的です。屋内で土足で利用できるスペースとして、玄関やバルコニーなどの外部とつながる場所に設けられています。土間は外ではできないけれども、家の中でやるのも難しいことができるスペース。そんな土間の魅力が改めて注目されたことから、戸建て住宅だけではなく、マンションでもリノベーションで取り入れられています。

 

■土間に使われる素材

土間に使われる素材で多いのはタイルとモルタルです。それぞれの素材の特徴をみていきましょう。

●タイル

タイルは、大理石やライムストーン、玄昌石といった天然石のような風合いのものやテラコッタ調のタイルの他、シンプルなデザインのタイプなどがあるなど、柄や色のバリエーションが豊富です。幅広い価格帯の商品から選ぶことができます。土間にタイルを貼る場合、15cm30cm角のサイズのものが使われることが多いです。タイルは施工性がよく、掃除をしやすいことがメリットになります。

●モルタル

モルタルはセメントと砂を混ぜた素材で、コンクリートよりもリーズナブルであり、タイル貼りよりも安く仕上げられることが多いです。モルタル仕上げは目地がなく、無機質でカフェのようなオシャレな空間をつくことができます。ただし、モルタル仕上げの床はひび割れを起こしやすいことに留意しておきましょう。

 

■賢く便利!土間の活用法

マンションにリノベーションで土間を設けるとき、どのような場所につくるとどんな使い方ができるでしょうか。玄関やキッチンなど場所ごとにみていきます。

●玄関

玄関土間として設けると、靴を脱いだり履いたりする目的以外にも活用できます。たとえば、趣味の自転車を壁掛けにしたり、スタンドを使用したりするなど、ディスプレイするように置くと、インテリアとして鑑賞できる空間になります。自転車を室内に置くと、風雨にさらされないため劣化を防げ、防犯上も安心できることもメリットです。さらに、土間を自転車のメンテナンスをするスペースとして活用できます。あるいは、キャンプ用品などのアウトドアグッズやスノーボード、サーブボードなどの手入れをする作業場としても便利です。木工などのDIYを楽しむスペースにもなります。

また、土間にテーブルと椅子を設置しておくと、来客スペースとして活用することも可能。手軽に「ちょっとお茶でも」と誘いやすいスペースになります。また、家で仕事をしている人なら、土間はパプリックスペースとして仕事関係の人との打ち合わせなどに使い、玄関を上がったところからプライベートスペースとして分けて使うといった使い方もできるでしょう。

玄関土間には棚を設けておくと、メンテナンスグッズをしまったり、あるいは、ディスプレイ用として使ったりできます。

 

●キッチン

玄関からつながる土間キッチンがあると、買い物から帰ったときにそのままキッチンに買ったものを収納して、調理に取り掛かりやすいです。ガーデニングや家庭菜園を楽しんでいる人などは、土のついたままの野菜を運んで、保管するスペースとして便利です。広い土間キッチンがあれば、宅配で届いた食材を仮置きする場所やゴミを分別して置く場所として活用することもできます。

また、土間キッチンは、油ハネや水ハネなどで床が汚れても掃除しやすいこともメリットです。ただし、マンションの場合、防水の問題から水を流して掃除することはできない点に注意しましょう。

●その他間取り

土間はこの他に、シューズインクローゼットやインナーバルコニーとしても設けることができます。

・シューズインクローゼット

玄関からつながる土間には、シューズインクローゼットを設けるというアイデアもあります。靴を玄関に出しっぱなしにしてしまいがちですが、広いシューズインクローゼットがあれば、普段履きの靴をしまう場所もつくれます。あるいは、ディスプレイするように棚に靴を並べて、ショップのような雰囲気の空間にするのもおすすめです。小さな子供がいる場合は、ベビーカーもしまっておけます。

・インナーバルコニー

土間は玄関からつながる場所に設けられることが多いですが、バルコニーに面した場所に、土間のインナーバルコニーを設けると、室内に縁側やサンルームのような場所をつくれます。都心に立地しているマンションでも、観葉植物を置いたり、ハンギングバスケットをかけたりすると、緑あふれるオアシスが生まれます。ソファやテーブルなどを設置し、セカンドリビングとして、お茶やお酒を楽しむ空間とするとよいでしょう。

■土間のメリット・デメリット

現代の土間をマンションにリノベーションで設けることには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

●マンションに土間を設けるメリット

・外部とつながりのある空間を室内につくれる

通常、室内に土がついたものを置いたり、外で使っているものを保管したりするのには、抵抗があるのではないでしょうか。土間は土足で過ごせるスペースですので、自転車、ガーデニングや家庭菜園の道具、アウトドア用品など外で使うグッズなどを保管したり、メンテナンスを行なったりできます。また、雨が降った日に、土間は濡れたレインコートをかけておく場所にもなります。土間は外とつながりのある空間を室内につくれることがメリットです。

・フレキシブルに使えるスペースになる

土間には、用途を決めずにフレキシブルに使う場所にできるというメリットがあります。たとえば、土間にテーブルを置いておいた場合、来客時にお茶を飲む場所にも、DIYで何かをつくりたいときに作業する場所にもできます。また、靴を並べて磨いたり、散歩から帰った愛犬の足を拭いたりする場所にすることも可能。あるいは、雨が降っているときに、洗濯物を干す場所にもなります。土間は、外でも家の中でやるのも通常やるのが難しいことに使う場所として、フレキシブルに活用できるのです。

・収納スペースとして活用できる

自転車やベビーカー、スーツケース、キャンプ用品などのアウトドアグッズなど、外で使うものは家の中には置きたいないものではないでしょうか。しかし、一般的なマンションの玄関では、保管できるモノの量は限られているため、大型用品を収納しておくことは難しいです。土間を設けると、外で使うモノの収納スペースとして活用できることもメリットに挙げられます。

・手軽にコミュニケーションをとる場にできる

近隣に住む方と立ち話では込み入った話はしにくいものの、わざわざ家に上がってもらうのは、相手が気兼ねすることもあります。玄関から入って土足のまま過ごせる土間なら、さほど相手に気を使わせることなく、手軽にコーヒーなどを出して、お茶をしていってもらいやすい場所になることもメリットです。

・パブリックスペースとプライベートスペースを分けられる

土間によって、パブリックスペースとプライベートスペースを分けられることもメリットです。リビングやダイニングが片付いていないときには、人を家に上げるのには躊躇しやすく、プライベートスペースを見られることに抵抗がある人もいるでしょう。土間を来客用のパブリックスペースとして使うことで、プライベートスペースと分けて生活することができます。

・汚れが気になりにくい

室内の床が土などで汚れていると気になる人が多いですが、土足で過ごす土間に土が多少ついていても、さほど気になりにくいです。土間の床材は汚れが目立ちにくく、掃除がしやすいものを選びましょう。

●マンションの土間を設けるデメリット

・生活スペースが狭くなる

土間のスペースをつくると、その分、リビングやダイニング、寝室や子供部屋などその他の生活スペースのいずれかが狭くなることがデメリットです。土間の設置は、居住人数に対して専有面積にゆとりがある場合や、個人のスペースは最小限に抑えて、家族の共有スペースを充実させたい場合に向いています。

・室内に段差が生じる

通常、土間から室内に土が入ることがないように、室内の靴を脱いで過ごすスペースよりも一段下げてつくります。キッチンまでつながるような土間があり、室内がフルフラットの状態ではないと、年齢を重ねたときや介護が必要になったときに、段差があることを不便に感じるかもしれません。

・底冷えしやすい

タイルやモルタル仕上げの土間は冷気が伝わりやすく、底冷えがしやすいこともデメリットに挙げられます。リノベーションで土間をつくるときは、床暖房を取り入れることを検討してみましょう。

・部屋を分断することがある

玄関からキッチンまでつながる土間を設けるなど、通り土間を設置すると、靴を脱いで過ごす場所が土間で分断されることがあります。土間を通るたびに靴やサンダルを履いて過ごすのは面倒なもの。生活動線に配慮してプランニングを行い、よく行き来する場所を往来するのに、土間を通らなければならないようなプランには避けるようにしましょう。

・すべてのマンションで土間を設けられるわけではない

土間はどのマンションでも、リノベーションで設けられるわけではありません。多くのマンションは床材に関する規定があり、他の床材への変更が禁止されていたり、フローリングの遮音性能が決められていたりします。リノベーションで床材をタイルやモルタル仕上げにするのは、管理規約に抵触する恐れがあるのです。

中古マンションを購入してリノベーションするときは、管理規約を事前に確認するようにしましょう。

 

■まとめ

一般的な住まいは、靴を脱いで過ごす場所がほとんどです。リノベーションで土間をつくり、外と中をつなぐ土足で過ごせる室内の空間ができると、暮らし方にも変化が生まれるのではないでしょうか。間取りやライフスタイルに合わせて土間を設けて、土間のある生活を楽しむことを考えてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事