住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

リノベーションの設計はどこに依頼する?設計料の相場や依頼時の注意点を解説

リノベーションの際にかかる設計料とは、どのような費用なのでしょうか。設計はどこに依頼すればいいのか、費用の相場はどれくらいなのか、以来の際の注意点を知っておきましょう。そのほか、理想的な住まいに生まれ変わったリノベーション事例もご紹介します。

リノベーションの設計はどこに依頼する?
こんな方におすすめの記事です
  • リノベーションの設計料とは何か知りたい
  • リノベーションの設計料の相場を知りたい
  • 設計を依頼する際の注意点を知りたい

CONTENTS

理想の住まいをワンストップで実現できるリノベーションサービス「MyRENO マイリノ」

詳しくはこちら>>
グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております

■そもそもリノベーションとは?魅力は?

リフォームとリノベーションにはどのような違いがあるのでしょうか?一般的なリフォームは、古くなった内装や故障した設備を入れ替えて元の状態に戻す、いわば「マイナスをゼロにする」ものです。リノベーションはゼロに戻すだけにとどまらず、住まいに新しい価値を生み出して「プラスをつくりだす」ことを目的としています。

・ライフスタイルに合わせて自由に設計できる

新築分譲住宅は、多くの人に好まれる標準的で無難な間取りとなっています。契約時期によっては間取りのセミオーダーやオプション工事の追加ができるケースもありますが、提案された限定的なプランの中から選ぶため、自由度は低めです。

一方リノベーションは完全なオーダーメイドのため、価値観やライフスタイルに合わせて自由に設計することができます。もちろん法律上守らなければならない水準や、建物の構造上の制約、管理規約による制限(マンションの場合)などがあるため、何でもできるというわけではありませんが、新築住宅では実現が難しい自分らしい住まいを手に入れることが可能です。

・自分好みのデザインを取り入れられる

個性的なデザインの家に住みたいなら、リノベーションが最適です。スタイリッシュなインテリアから、ほかにはない個性的なデザインまで自由に選ぶことができます。手持ちのヴィンテージ家具に合わせて建具を決めたり、海外の雑誌で見つけたお気に入りのインテリアを再現したり、行きつけのカフェやレストランのような空間にしたり、部屋ごとに全く異なるデザインにすることも可能です。

・物件の選択肢が広がりやすい

新築物件は中古物件に比べて売出し中の物件が少ないです。特に都心の利便性の高い場所はすでに建物がひしめいており、エリアによっては新築物件の売出しがほとんど期待できません。中古住宅は市場に流通している物件数が豊富で、立地や面積も幅広い選択肢のなかから予算に合わせて探すことができます。リノベーション前提に中古住宅を選べば、利便性の高い立地と新築同様の内装の両方をかなえることも可能です。

■リノベーションの設計はどこに依頼する?

家を建てたりリノベーションをしたりする際に欠かせない業務が「設計」です。施主の希望を実現するためのプランをデザインし、構造上の強度に問題がないかを計算し、設計図面を作成します。リノベーションにあたり、住まいの設計はどの会社に依頼すればよいのでしょうか。設計事務所・工務店・リフォーム会社について解説します。

リノベーションの設計はどこに依頼する?

・設計事務所に依頼するメリット・デメリット

設計事務所とは、その名の通り建物の設計を行う会社のこと。設計業務のほか、工事の監理(監督・管理)も行います。

○設計事務所のメリット

設計事務所は工務店やハウスメーカーに比べて時間を掛けて設計する傾向があり、設計図面の枚数も多いです。スタイリッシュで個性的な物件を手掛けることも多く、住まいに対するこだわりが強い人や「この設計士に依頼したい」と決めている人におすすめです。

○設計事務所のデメリット

設計事務所は設計から竣工までに時間がかかる傾向があります。また、物件探しは施主が自分で行い、実際の施工は工務店に依頼する必要があるため、業者の選定や手配に手間がかかります。そもそもリノベーションには対応していない設計事務所もあるため、どこにでも依頼できるとは限りません。

・工務店に依頼するメリット・デメリット

○工務店のメリット

工務店は比較的小規模な会社が多く、地元密着型の経営をしている傾向があります。リノベーションの設計業務は外注するケースもありますが、自社内で行うことが多いようです。直接職人さんに相談しながらプランニングをすすめることができ融通が効きやすい、地元ならではの情報やネットワークを持っているなどのメリットがあります。

○工務店のデメリット

工務店は大手企業のように業務内容がシステム化されていないことが多いため、標準仕様のものがなく、打ち合わせに手間がかかるケースがあります。また、工務店にもよりますが、おしゃれな雰囲気や今どきのインテリアづくりが得意ではない会社もあり、洗練されたデザインを求める人には物足りない可能性があります。

・リフォーム会社に依頼するメリット・デメリット

○リフォーム会社のメリット

リフォーム会社の設計業務は自社内で行います。リフォームを専門としているため、プランニングの提案力が高いです。例えば、構造上の理由で希望の間取り変更ができない場合、施主が住まいに求める希望を汲み取った上での代替案を提示が期待できます。

○リフォーム会社のデメリット

リフォーム会社はリフォームを専門としているため、効率の良いプランニングが期待できますが、施主の希望を実現できなければ意味がありません。デザインや価格帯が自分に合うか、担当者の対応は良いかどうか、施工実績や問い合わせ対応のなかで見極めましょう。

■リノベーションには設計料がかかる?

住宅の新築時だけでなく、リノベーションにも設計図面は必要不可欠です。設計図面の内容に従って工事を進めていきます。

・設計料が発生するタイミング

リノベーションの設計料が発生するタイミングは、業者により異なります。一般的にはラフプランの作成→正式な契約締結→正式な設計図面、といったプロセスを経ていきますが、設計事務所の場合は、ラフプラン作成の時点で設計料が発生することが多く、修正や変更ごとに費用がかかる場合もあるようです。

工務店やリノベーション会社の場合、最初のラフプラン作成には費用がかからないケースが多いですが、いつ・どのようなタイミングで設計料が発生するのかを見積もりや相談の際に確認しておくと良いでしょう。

・設計料を決める要素

リノベーションの設計料の決め方は会社ごとに異なりますが、工事金額に料率を掛けて算出するのが一般的です。会社によっては設計費用が無料の場合もありますが、設計図面なしで工事を行うことはできないため設計料が掛かっていないわけではなく、ほかの費用に含まれていることになります。

グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております

■リノベーションの設計料の相場はどれくらい?

リノベーションの設計料の相場

・設計事務所の設計料の相場

リノベーションの設計料の決め方は設計事務所ごとに異なりますが、工事にかかる費用の10〜15%ほど、または施工面積(㎡)×2.5〜3万円ほどのことが多いようです。

・工務店の設計料の相場

リノベーション費用の2〜5%ほどのことが多いようです。

・リフォーム会社の設計料の相場

工務店と同様にリノベーション費用の2〜5%ほどのことが多いようです。

■リノベーションの設計を依頼する際のコツ

・デザインや価格帯が合う業者に依頼する

業者ごとに独自のコンセプトや得意なデザインイメージが異なります。やみくもにリノベーションの設計を依頼しても、自分好みの提案を受けられなければ意味がありませんから、まずはウェブサイトや情報誌などに掲載されている施工実績を見て、好みのデザインのリノベーションを多く手掛けている会社を見つけましょう。また、ローコストリノベーションから高級リノベーションまで、価格帯もさまざまなので実例の価格帯も忘れずにチェックしましょう。

・予算をはっきりと伝える

設計者は、施主の予算の範囲内で最大限に良い住まいとなるようにプランを考えてくれます。そのため、リノベーションにかけられる予算をはっきりと伝えることが大切です。後から予算を低く変更すると、総額を調整するためにさまざまな要素を削らざるを得なくなってしまいます。

・希望をできるだけ具体的に伝える

どんなデザインにしたいのか、今の家にはどのような不満があるのか、リノベーション後にどのような暮らしをしたいのか、できるだけ具体的に伝えましょう。住まいに対する希望を明確にすることで、プランニングの手戻りが少なくなり、効率よくリノベーションを進めることができます。

・担当者との相性も大切

中古住宅のリノベーションは、新築住宅の購入に比べて引き渡しまでの時間がかかります。最大であれば中古物件探しから竣工まで、半年以上の長い付き合いになりますから、担当者との相性も大切です。「なんとなく性格が合わない」「こちらの希望が言いづらい」そんな風に感じるようであれば、打ち合わせが苦痛なものになり、理想の住まいづくりに支障をきたしてしまうかもしれません。話しやすく信頼できそうな担当者を選びたいですね。

・費用の内訳を確認する

工務店やリノベーション会社の設計料は安めに設定されていることが多いですが、設計事務所の設計料は高めになる傾向があります。設計料の内訳として何にどれくらいの費用が掛かっているのかを確認しましょう。

■グローバルベイスのリノベーション事例5選

リノベーションにより、理想的な空間に生まれ変わった住まいの事例をご紹介します。

・グローバルベイスのリノベーション事例1

グローバルベイスのリノベーション事例1

利便性の高い都心でありながら閑静な住宅街にある、レトロなマンションをリノベーションした事例です。当初は新築物件も視野に入れていたものの、内装面に惹かれるものがなかったとのこと。こちらは人気セレクトショップ、ユナイテッドアローズの監修によるリノベーション物件。優しい木目で統一されたインテリアがスタイリッシュです。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・グローバルベイスのリノベーション事例2

都心のマンションをハウススタジオにリノベーションした事例です。床面積は83.39㎡ありもともとは3LDKの間取りでしたが、1LDK+WICのゆったりとした空間に生まれ変わりました。ヘリンボーン張りのフローリングやモールディングの腰壁が印象的な空間に、北欧の銘品家具がよく似合います。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・グローバルベイスのリノベーション事例3

3LDKのマンションを、ゆとりある2LDKへリノベーションしました。広いルーフバルコニーがあることを条件に、こちらの物件を見つけました。天井は躯体現しの打ち放しに、オリジナルのキッチン、洗面台はモルタルで造作しました。スタイリッシュなカフェバーのような住まいです。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・グローバルベイスのリノベーション事例4

2DKのマンションを、1LDK+WICにリノベーションしました。住まい探しのきっかけは「愛犬と暮らせる家に住みたい」こと。当初は賃貸でお探しでしたが、理想の広さや内装の住まいは家賃が高額であったことから、リノベーション前提に中古住宅の購入に踏み切ることに。デザインはナチュラルで温かい印象にまとめ、お持ちの家具や愛犬のケージのレイアウトを考慮したプランニングとなっています。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・グローバルベイスのリノベーション事例5

こちらは植物を使った空間デザインブランド、parkERsとのコラボによる「緑と暮らす」をテーマとしたリノベーション事例です。植物の美しさが映えるよう、床にはブラックチェリーの突板フローリング、クロスは自然素材のエコフリースを採用しています。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

■リノベーションのご相談ならグローバルベイスへ

リノベーション専門会社のグローバルベイスは、物件探しから設計・施工までをひとつの窓口で行うワンストップサービスをご提供。施主さまが住まいに求める希望を丁寧にヒアリングし、一級建築士による設計で間取りを提案しています。無料セミナーや個別相談会を実施しているので、リノベーションに少しでも興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

■まとめ

リノベーションの設計料について解説しました。設計料は、工事に必要不可欠な設計図面を作成するための費用です。工務店やリノベーション会社のなかには設計料を無料としている場合もありますが、人件費や技術料が掛かっていないわけではなく、ほかの費用に含まれていると考えて良いでしょう。理想の住まいを設計してもらうためには、リノベーションの具体的な希望や予算をはっきりと伝えることが大切です。

理想の住まいをワンストップで実現できるリノベーションサービス「MyRENO マイリノ」

詳しくはこちら>>
グローバルベイスではリノベーションに
関するご相談をお待ちしております