住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

リノベーションには種類がある!?フルオーダーリノベとセミオーダーリノベの違いは?

マイホームの選択肢の一つとして、リノベーションした中古マンションは一般的になってきました。しかし、リノベーションやリノベーションした中古マンションを手に入れる方法には、種類があるって知っていますか?リノベーションには種類があり、自由度や手間、費用には違いがあります。

■そもそもリノベーションとは?

リノベーションという言葉を聞いたことがあっても、リフォームとの違いがわからない人は少なくないのでは。リノベーションとは何か、リノベーションの中でもフルリノベーションという種類について解説していきます。

・リノベーションの定義

リノベーションと似たものにリフォームがありますが、両者に明確な違いはありません。一般的に、リフォームとは経年劣化などにより、老朽化したり故障したりした建物をもとの状態に戻すための改修をいいます。たとえば、外壁の塗装、フローリングの張り替え、キッチンやユニットバスの入れ替えはリフォームです。一方、リノベーションは既存の建物の間取りや設備、内装や外装などを大幅に変えて、デザインや機能性を向上させて、建物の価値を高めるための改修です。たとえば、ライフスタイルに合わせて、和室とLDの間の壁を撤去して広々としたLDをつくるといったケースが挙げられます。

・フルリノベーションとは

リノベーションの中でもフルリノベーションとは、住まい全体をリノベーションすることをいいます。反対に部分リノベーションとは、LDKだけ、トイレと浴室のみといった形で、住まいの一部をリノベーションすることです。また、フルリノベーションの中でも躯体の状態まで解体するリノベーションは、スケルトンリノベーションと呼ばれています。

■「中古マンション×リノベーション」の種類

日本ではかつては新築信仰が根強かったですが、最近ではリノベーションした中古マンションをマイホームにするケースが目立つようになって来ました。リノベーションした中古マンションを手に入れる方法は、主に2つあります。

・リノベーション済みマンション

リノベーション済みマンションとは、買取再販業者と呼ばれる不動産会社が、買い取った中古マンションをリノベーションした後、消費者に販売している物件です。専有部分の内装や設備などが一新され、間取りも和室を洋室にする、3DKを2LDKにするなど変更されている物件もあります。消費者は専有部分が新築と同様になった状態の中古マンションを購入するため、すぐに住むことが可能です。

ただし、リノベ済みマンションの販売は限られているため、希望するエリアで販売されているとは限りません。また、買取再販業者によっては、壁紙やフローリング、キッチンや浴室などの水回り設備は一新していても、内部の配管や配線はそのままのケースがあるため、注意が必要です。

・オーダーリノベーション

オーダーリノベーションは、「中古マンション購入+リノベーション」もしくは「既に居住している自宅をリノベーションする」という形です。前者であれば消費者は不動産会社の仲介で中古マンションを購入した後、リノベーション会社に設計と施工を依頼します。そして、リノベーション会社と打ち合わせを行い、間取りや仕様を決めた後、工事が行われる流れです。オーダーリノベーションは請負リノベーションとも呼ばれています。

オーダーリノベーションの場合は、中古マンションを購入した後、設計や工事を行った後に入居することになるため、すぐに住むことはできません。一般的にリノベーションの設計から工事が完了するまでの期間は3~5ヶ月程度です。

■「リノベ済みマンション」と「オーダーリノベ」はどんな人に向いてる?

マイホームとしてリノベーションした中古マンションを手に入れる方法として、リノベ済みマンションとオーダーリノベは、それぞれどんな人に向いているのでしょうか。特徴を踏まえながら解説していきます。

・「リノベ済みマンション」が向いている人

リノベ済みマンションは新築マンションはもとより、中古マンションを購入してリノベーションするよりも、リーズナブルな価格で購入できるケースが多いです。また、購入後にすぐ住めることもメリットです。そのため、「リノベ済みマンション」はできるだけ費用を抑えて住まいを手に入れたい人や、すぐに居住したい人に向いています。

また、リノベ済みマンションは、間取りや内外装、設備の仕様は一般的に好まれやすいものとなっていることが多いのが特徴。マンションの内装やデザインに対して、こだわりが強くない人に向いています。また、間取りや仕様を決める打ち合わせが不要なため、手間を掛けずに住まいを手に入れたい人にもマッチしています。さらに将来的に売却を考えている場合も、取得費用を抑えられる点や、万人受けしやすい間取りやデザインの方が売りやすいという面から、リノベ済みマンションは向いているでしょう。

・「オーダーリノベ」が向いている人

オーダーリノベは物件探しをした後に、リノベーションプランの打ち合わせを行うため、時間や手間がかかります。新築新築マンションよりはリーズナブルに取得できますので、費用を抑えてこだわりの住まいを手に入れたい人に向いています。たとえば、家族の人数やライフスタイルに合った間取りにしたい、好きなインテリアテイストのデザインにしたい、設備を選びたいといった考えの人にマッチしています。

■オーダーリノベーションの種類とメリット・デメリット

オーダーリノベーションには、フルリノベーションとセミオーダーリノベーションという種類があり、間取りやデザインの自由度や費用面が異なります。

・フルオーダーリノベーション(自由設計)

フルオーダーリノベーションは自由設計によるリノベーションで、間取りや内装、設備の仕様を一から決めていくことができます。フルオーダーリノベーションは好きなように住まいをリノベーションできることがメリット。一方で打ち合わせの時間や手間がかかることや、リノベーションプランができるまで費用感がつかみにくいことがデメリットです。フルオーダーリノベーションを依頼するときは、予算をあらかじめ依頼する会社に伝えておきましょう。

・セミオーダーリノベーション(パッケージ型・定額制)

セミオーダーリノベーションは、システムキッチンやユニットバス、トイレなどの設備や、壁紙やフローリングなどの内装材、建具などを決められた標準仕様の商品から選んでいくもの。標準仕様でのリノベーション費用は、「面積×平米(あるいは坪)単価」で算出されます。セミオーダーリノベーションは、パッケージ型や定額制とも呼ばれています。

セミオーダーリノベーションは標準仕様をベースに打ち合わせを進めていくため、打ち合わせ回数を抑えられることや、費用が明瞭でコストを抑えられることがメリットです。ただし、標準仕様とは異なるシステムキッチンを入れたい、標準仕様にはない造作家具を設置したいといった場合はオプション扱いとなり、追加費用が発生します。セミオーダーリノベーションはオプションが多いと、割高になりやすい点に注意が必要です。

■ワンストップリノベーションとは?

通常、オーダーリノベでリノベーションした住まいを手に入れる場合は、不動産会社の仲介で物件を探して中古物件を購入した後、リノベーション会社にリノベーションの設計や施工を依頼することになります。ワンストップリノベーションとは、一つの会社を窓口として、物件探しからリノベーション、さらにローン相談や資金計画までを取り扱うサービスです。

ワンストップリノベーションは、希望するリノベーションに向いた物件を探しやすく、総予算をもとに物件の購入費用とリノベーション費用のバランスがとりやすいことがメリットです。また、一つの窓口で物件探しからリノベーションまでを進められるため、打ち合わせがスムーズに進められます。リノベーション費用を住宅ローンに組み込みたい場合には、対応している金融機関と提携しているなど、申し込みしやすいこともメリットに挙げられます。

■まとめ

リノベーションした中古マンションを手に入れる方法には、リノベーション済みマンションの購入とオーダーリノベがあります。さらにオーダーリノベはフルオーダーリノベーションとセミオーダーリノベーションに分けられます。住まいへのこだわりはもとより、掛けられる費用や時間も踏まえて自分に合った形を選びましょう。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求