住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

和モダンリノベーションとは?特徴と事例を紹介

リノベーションで住まいに和の要素を取り入れるには、純和風の和室を作るほか、和モダンテイストを採用するという選択肢もあります。それでは、和モダンとはどのようなインテリアテイストなのでしょうか?この記事では、和モダンの特徴や構成のポイントのほか、実際に和モダンにリノベーションした事例をご紹介します。

■和モダンリフォーム・リノベーションの特徴

・伝統的な「和」と洗練された「モダン」の融合

和は「日本」、モダンは「現代的」という意味。つまり和モダンとは、日本の伝統的な住まいの要素と現代的なデザイン・機能性とが共存するインテリアを指します。

「い草」でできた畳や和紙を貼った障子など、自然素材をふんだんに使用した和室には、日本人をほっとさせる安心感があります。しかし、ベッドや高い椅子・テーブルが普及した現代のライフスタイルには合わない部分があることも事実。和モダンの住まいなら、和と洋の「いいとこ取り」ができるのです。

特に、古民家など、もともと日本の建物をリノベーションする場合は、和モダンのインテリアを構成しやすいです。柱・梁・建具など和の要素をそのまま活かすことで、新築住宅にはない趣のある空間を実現できます。

・和モダンの種類とは

ひとくちに和モダンといっても、インテリアのバリエーションはさまざまです。和と洋の比率によっても、印象は大きく変わってきます。例えば、日本は畳に直接座り布団で眠る床の生活、一方欧米は椅子に座りベッドで眠る視線が高めの生活です。そのため、低めのテーブルやソファを採用すると、和の雰囲気が強くなりやすいです。

日本の古民家では囲炉裏の煙に燻されて、梁や柱が黒に近いダークブラウンになります。また壁は白い漆喰の左官壁が多いです。そんな古民家をイメージして、ダークブラウンの建具と白い壁を組み合わせると、コントラストが強く洗練された印象の強い和モダンインテリアになります。

また、和室の柱や天井材に多く使用されるのは、白木と呼ばれる無塗装の木材です。そんな和室のようにライトブラウンの建具を採用した和モダンインテリアは、暖かく優しいナチュラルテイストの雰囲気になります。

・和の素材感を大切にする

和モダンにリノベーションする場合、コテむらが美しい左官の塗り壁、和紙が光を透かす照明器具、モダンな印象の置き畳など、表情が豊かな和の素材を取り入れましょう。テキスタイルに、日本刺繍や絹織物などを採用するのも素敵です。

・和の落ち着いた色合い

トーンを抑えたモダンな空間に日本の伝統色を加えると、洗練された和モダンのインテリアになるでしょう。漆のような朱赤・墨色(チャコールグレー)・抹茶色・茄子紺・山吹色など、印象的でありながら派手すぎない落ち着いた色味があります。

・ほかのテイストと合わせやすい

シンプルな和モダンのインテリアは、ほかのテイストともコーディネートしやすいです。例えば、北欧の銘品家具や、アールデコ調の家具などもよく合うでしょう。

■和モダンのリノベーション事例11選

・旅館のような和モダンにリノベーション

1LDKのマンションを、まるで旅館のような和モダンの住まいにリノベーションした事例です。LDKの天井に設置された格子が間接照明のやわらかな光で浮かび上がり、ドラマチックな印象です。壁の仕上げ材に採用したのは日本古来の屋根材「いぶし瓦」、保温効果があり温度を快適に整える効果があるのだとか。そのほか調湿効果のある大谷石など、日本生まれの自然素材をふんだんに使用し、ラグジュアリーな和モダンの空間となっています。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・築90年の古民家を和モダンにリノベーション

ご結婚を機に、築90年の古民家をフルリフォームした事例。建て替えも検討しましたが、これだけ立派な建物は残すべきという奥さまの思いもあり、古民家再生に踏み切ったそうです。

天井を取り払い古民家ならではの立派な梁が現しとなった、開放的なダイニング・キッチン。純和風の建具はそのまま活用し、アイランドキッチンの色は古材に合わせてダークブラウンをセレクト。ライトブラウンのフローリングに、ダークブラウンと白い壁のコントラストが良く映える和モダンの空間です。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・日本家屋を和モダンにリノベーション

ご両親から受け継いだ住まいを、和モダンにリノベーションした事例です。
築50年と老朽化が進んでいたため耐震補強を施し、間取りを見直して部屋数を減らしています。本格的な日本建築の面影とモダンな機能性が調和した住まいに生まれ変わりました。

家族で対話しやすいように、壁付けキッチンを対面型に配置変更。フローリングは古材と合わせたダークブランを選択し、落ち着いた雰囲気です。23畳以上の広々としたLDKは、古い柱と梁が空間のアクセントとなっており、ナチュラルインテリアと和が調和しています。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・シックな和モダンにリノベーション

古民家を和モダンの住まいにフルリフォームした事例です。現しとなった柱や梁が、クラシックモダンな家具と調和しています。LDKの吹き抜けを見上げると、そこには重厚な梁と縦格子が和の趣を演出。古材の色に合わせたウォルナットのフローリング、そのほか家具や建具もダークトーンでまとめられ、シックな印象です。熱の出入りが大きい窓はペアガラスに変更することで、断熱性を向上しています。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・中古住宅を購入して和モダンリノベーション

中古住宅を購入し、フルリフォームした事例です。2間の和室をつなげ、対面キッチンのモダンなLDKにリノベーション。木目が美しいチークのフローリングに、床暖房を入れて快適性を向上しています。押入れだった部分には整然と並ぶ4つの窓を設置して、風通しと採光を確保。隣には書院造の和室があり、襖を開放すれば伸びやかな大空間になります。純和風の建築と現代的なLDKが調和する和モダンの住まいです。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・格子が印象的な和モダンのゲストルーム

自宅の一部を和モダンにリフォームした事例です。戸建てのご自宅をリノベーションした施主さま。お客様を迎えることが多いため、それまで活用していなかった居室を、和モダンをコンセプトとしたゲストルームに改装しました。

この空間で目を引くのは、ダークブラウンの格子。もともとお持ちだった軽井沢彫の家具とマッチして、レトロロマンの雰囲気を醸し出しています。壁と天井には国産の珪藻土の塗り壁、床材には木目が味わい深い孟宗竹のフローリングを採用。廊下の壁にはニッチを設け、掛け軸や小物を飾れるようにしています。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・築100年の旧家を和モダンにリノベーション

築100年のご実家をリノベーションした事例です。歴史を感じさせる旧家の面影を残しながら、和モダンの落ち着いた住まいに生まれ変わりました。現しとなった柱と梁が、空間のアクセントとなるとともに、リビングとダイニングを緩やかにゾーニングしています。

土間だった場所をLDKに変更し、かつて使用されていた竈(かまど)は、インテリアとして再利用。ダイニングの上部は吹き抜けとなっており、優しい光を届けます。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・マンションに和モダンのエッセンスをプラス

マンションリノベーションで和モダンの要素を取り入れた事例。定年を機に住み替えも検討しましたが、住み慣れたマンションをリフォームすることにしたそうです。

和室を取り込み拡大したリビングの床には、木目が美しい無垢のバンブーを採用しました。構造上撤去できない梁にはあえて木を貼り、古民家の梁のように存在感を強調。シンプルにまとまりがちなマンションのインテリアで、空間のアクセントとなっています。古材を連想するダークブラウンの建具で、白を基調とした空間感を引き締めており、和モダンのなかでもモダンの要素が強めの印象です。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・純和風から和モダンへリノベーション

純和風の戸建てを和モダンにリノベーションした事例です。和室ばかりで使いづらかったという間取りを見直し、段差のないバリアフリーの住まいに。LDKのフローリングには自然な木目が印象的なウォルナットを採用。ダークな色味でまとめた家具や建具を、ダウンライトが優しく照らす、重厚感のある空間です。キッチンの隣に設けた小上がりの畳スペースには、モダンな印象の琉球畳を採用。和を感じさせる縦格子の建具が、くつろぎの空間のアクセントとなっています。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・月見スペースがある和モダンの小上がり

ダイニングの横に、小上がりの和室を設けたリノベーション事例。縁のない畳や、貼り分けたアクセントクロスがモダンな印象です。足元に設けられた地窓によりやわらかな採光を確保。ダイニング側から奥まった一角には月見スペースと、床柱を再利用して造作したテーブルを設け、書斎のようなプライベート感のある空間となっています。ダイニングに面する障子を閉めれば独立した居室になるため、ゲストルームとしても使用できるフレキシブルな空間です。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

・重厚な梁を活かした和モダンリフォーム

築70年の古民家を和モダンにフルリフォームした事例です。冷暖房効率が悪く光熱費がかさんでいましたが、最新の住宅設備により暖かく快適な住まいに。床暖房や太陽光発電も採用しています。

ダイニング・キッチンの天井には、目を見張るような重厚な梁。もともと小屋裏収納だった場所の天井を撤去して、伸びやかな吹き抜けにしています。フローリングや建具はライトブラウンで統一して、住まい全体が明るい印象です。もともとあった梁や窓をそのまま活かし、シンプルな和モダンの空間に生まれ変わりました。

このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら

■まとめ

和モダンリノベーションの特徴やインテリア作りのポイント、リフォーム実例をご紹介しました。自然の素材感を活かした和の要素を取り入れ、作り込みすぎないシンプルな構成にすることで、品のある和モダンのインテリアになります。ほかのテイストとも合わせやすいのでおすすめです。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求