住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

間接照明でさらにおしゃれなリノベーションを。リラックス効果や設置のコツとは?

「照明は天井に設置するシーリングライトがあれば十分」と思っていませんか?リノベーションで間接照明を取り入れると、おしゃれでリラックスして過ごせる空間を実現できます。間接照明で天井面や壁面を照らすことで様々な効果が生まれるのです。間接照明とは何か、また間接照明を取り入れるコツなどを紹介していきます。

こんな方におすすめの記事です
  • 間接照明と直接照明の違いを知りたい方
  • 間接照明の効果やメリット・デメリットを知りたい方
  • 間接照明を取り入れたリノベーション事例を見てみたい方

■直接照明と間接照明の違いとは

照明を直接照明と間接照明に分類すると、何が違うのでしょうか。

直接照明とは、床や物などに直接光を当てて照らす照明をいいます。電球や蛍光灯などの光源から、下方向に90%以上の光が向けられる照明が該当します。一方、間接照明とは、壁や床などを照らした反射光で空間を照らす照明のことです。光源から90%以上の光が壁面や天井面を照らす照明を指します。

また、直接照明と間接照明は照明器具の種類による分類ではなく、光が拡散される方向や設置方法によります。直接照明に当たるのは、天井に設置された一般的なシーリングライト、シェードが下向きに開いた形状のペンダントライトやスポットライトなどです。

間接照明で代表的なのは、天井や壁に光源を組み込んで建築構造と一体化させた建築化照明です。天井を照らすコーブ照明や壁を照らすコーニス照明などがあります。また、スポットライトは下向きで直接床を照らすと直接照明ですが、上向きで壁を照らしていると間接照明になります。

■間接照明による効果やメリットは?

空間に必要な明るさを確保するだけなら、直接照明のみでも十分です。間接照明を用いることによる、空間への効果やメリットなどについてまとめました。

・表情のある空間を演出する

直接照明は均一的な光なのに対して、間接照明を取り入れることによって陰影が生まれます。間接照明は、表情のあるスタイリッシュでおしゃれな空間を演出できることがメリットです。たとえば、壁や床の一部が照らされることで立体感が生まれて、メリハリのある空間になります。また、壁やアートなどを照らすことで、フォーカルポイントをつくることも可能です。

・リラックスできる雰囲気を醸し出す

間接照明による柔らかな光は、リビングや寝室などリラックスして過ごせる空間を演出します。部屋全体の明るさを抑えることで、間接照明による光がやさしく灯る空間を作り出せます。

・空間に奥行を感じさせる

間接照明による陰影は、空間に奥行を感じさせる効果もあります。また、コーブ照明やコーニス照明で壁一面を照らすと、空間が奥まで続いているような印象を与えられます。

■リノベーションで間接照明取り入れるときのポイント

空間の演出に欠かせないともいえる間接照明。リノベーションで照明プランを考えるとき、どのように取り入れたらよいのでしょうか。

・直接照明と組み合わせて多灯照明に

間接照明による光は、スタイリッシュな空間を演出できたり、リラックスできる空間をつくれたりと様々な効果を生み出します。しかし、間接照明だけでは、パソコンでの作業や勉強などをするのに必要な明るさを確保するのは難しいです。リノベーションで間接照明だけにしてしまうと、作業をするには暗く、暮らしにくさを感じる可能性があります。

そこでおすすめなのは、一室に複数の照明を用いる多灯照明にすることです。たとえばリビングなら、主照明としてシーリングライトやダウンライトを設置し、コーブ照明あるいはコーニス照明を取り入れると、必要な明るさを確保しつつスタイリッシュな空間をつくることができます。

■リノベーションで間接照明の設置費用の目安は?

リノベーションで間接照明の中でも、建築化照明を設置する場合、たとえばコーブ照明であれば、折り上げ天井を設置して光源が見えないように照明を取り付けます。天井をつくるための大工工事を行い、壁紙を貼るなど仕上げ工事をした後、照明を設置する電気工事を行う流れになります。3m程度のコーブ照明でLEDライトを使用する場合で、20万円程度が目安です。

■間接照明のリノベーション事例

リノベーションで間接照明を取り入れると、どのような空間が実現できるのでしょうか。建築化照明を取り入れたリノベーション事例を紹介します。

・素材の美しさも引き立てる間接照明

リビングの吊戸棚に仕込んだ照明が、アクセントウォールのタイル壁を照らしている事例。タイルに照明が当たることで立体感が強調され、より印象的な空間となっています。また、一段下がったリビングスペースは高低差を利用して設置された照明で床面が照らされ、床埋め込み照明で照らされた壁面がアクセントになっています。間接照明の柔らかな光に包まれた空間が実現しました。

→この事例を詳しく見たい方はこちら

・間接照明によるホテルライクな玄関

間接照明によって、スタイリッシュで格調あるホテルライクな玄関を実現した事例。木質系のパネルが貼られた壁面を灯す照明が、空間のアクセントになっています。また、上がり框に仕込んである照明が床面を照らし、スタイリッシュな印象を与えています。

→この事例を詳しく見たい方はこちら

■まとめ

リノベーションで間接照明を取り入れると、スタイリッシュに見せることや、くつろいで過ごせる空間になるなど、様々な効果があります。リノベーションで照明を工夫することで、ワンランク上の暮らしが実現できます。間接照明によってどのような空間を実現したいのか、リノベーション会社の担当者に伝えましょう。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求