住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

老後の終の棲家のおすすめはマンション!暮らしやすい間取りとは

老後の住まいとして、郊外の戸建てよりも都市部のマンションを選択するケースが増えています。マンションは管理の手間をかけず、利便性の高い暮らしを実現しやすいことが魅力です。老後の住まいにマンションが選ばれる理由や必要な広さの目安、間取りのポイントなどを紹介していきます。

■老後の終の棲家にマンションが選ばれている理由

老後の終の棲家として住み替えをする場合、戸建てよりもマンションの方が暮らしやすいとされる理由はどこにあるのでしょうか。老後の住まいとしてマンションを選択するメリットをまとめました。

・ワンフロアで生活が可能

2階建て以上の戸建てでの生活は、リビングダイニングやキッチン、浴室やトイレなどの水回り設備、寝室、玄関などが2つのフロアに分かれていることが多く、一日に何度も階段の昇り降りが発生します。一方、一般的なマンションの専有部分はワンフロアです。居住する階へ移動はエレベーターを利用すれば、階段の昇り降りの負担なく、生活することが可能です。

・「鍵1本」で外出できる

戸建ての場合、出かけるときには2階の窓がしまっているか階段を昇って見に行ったり、夜の外出や遠出をするときには、1階のシャッターを締めたりするなど手間がかかります。一方、マンションは「鍵1本」で外出できるといわれるほど、外出の際の戸締りが楽です。ただし、マンションでも窓の鍵も締めて出かける方が望ましいです。

・住まいの管理が楽

戸建ての場合、日常的に庭の掃除や草むしりをしたり、定期的に庭木の剪定を行ったりしなければなりません。また、外壁や屋根のメンテナンスも必要です。マンションは外構や外壁などの共用部分の日常的な清掃は管理費で賄われ、修繕は修繕積立金で行われるため、戸建てよりも管理が楽です。

・セキュリティ面で安心

多くのマンションでオートロックが導入され、防犯カメラが設置されているほか、警備会社と提携している物件もあります。また、管理員が常駐しているマンションでは不審者に声かけが行われるなど、人的な対応も期待できます。

・駅に近い利便性の高い場所に住みやすい

戸建てよりもマンションの方が駅前に立地している物件を見つけやすく、価格面でも手に入れやすいです。駅前に立地する住まいは、商業施設が充実していて買い物に行きやすい、病院にも通院しやすいなど生活がしやすいことがメリットです。また、旅行や趣味を楽しみたい場合にも、交通利便性のよい駅前に住んでいた方がアクティブに生活しやすい面があります。

■老後に暮らすマンションの広さの目安

老後に単身あるいは夫婦で、70㎡や90㎡といったファミリータイプのマンションで暮らすと、空き部屋が物置になってしまいがちです。部屋数が多く、広さがあるマンションでは掃除も負担になります。また、部屋数や広さを抑えた間取りの方が光熱費の負担も軽減することが可能であり、床面積が狭い方が固定資産税の負担も抑えられます。

マンションに単身、あるいは夫婦で暮らす場合、どの程度の広さがよいのか、一般的に目安になるのは国土交通省の「住生活基本計画」による基準です。マンションなどで豊かな生活を送るのに必要とされている「都市居住型誘導居住面積水準」は、単身者で40㎡、夫婦など2人世帯で55㎡とされています。夫婦の暮らしでは、50㎡から65㎡程度 を目安とするとよいでしょう。

ただし、生活に必要な広さは人によって違いますので、今の住まいから子供部屋など不要なスペースの広さを引いて、夫婦で暮らすマンションの広さを考える方法もあります。

出典:国土交通省|住生活基本計画 (全国計画 )|別紙3 誘導居住面積水準
https://www.mlit.go.jp/common/001123468.pdf

■老後に暮らすマンションの間取りのポイント

老後のマンションでの暮らしやすさは、専有部分の間取りにも左右されます。転倒などによるケガのリスクを抑えるとともに、家事がしやすく、生活しやすい間取りにすることが基本です。

・バリアフリー化

最近のマンションはバリアフリー化されている物件がほとんどですが、築年数が経過した物件では室内に段差があるケースも見受けられます。ちょっとした段差があると足腰が衰えてくるにつれて、転倒する原因になりやすいため、リノベーションで段差を解消してバリアフリー化しておくことが望ましいです。また、廊下幅が90cm以上あると、車椅子での移動もスムーズです。

・家事動線や生活動線を考慮

老後に暮らすマンションでは日常の家事の負担を軽減できるように、家事動線も重視したいポイント。キッチンから洗濯機のある洗面脱衣室に直接行き来ができて、洗濯物を干すバルコニーに行きやすい間取りは、家事をスムーズに進めやすくなります。また、スペースにゆとりがあるゆったりとした間取りの方が、掃除がしやすいです。

生活動線が短く、動線が重なる場所は広くスペースをあると、日々の生活で動きやすく事故が起きにくい住まいになります。玄関からリビングやトイレに直線に移動できる間取りは、転倒などのケガのリスクを軽減できます。また、加齢によってトイレに行く頻度が多くなりやすいため、トイレはリビングと寝室の両方から近い場所にあるのが理想的です。洗面脱衣室は洗濯にも、洗面や脱衣にも使用するため、動線が重ならないように二方向から出入りできるようにしたり、ゆとりあるスペースとしたりすることが望ましいです。また、ドアを開けると収納の扉にあたるような間取りは危険ですので、注意しましょう。

・引き戸で仕切る大空間に

ドアを開けるときには、開閉時に一旦、身体を後ろに移動させる動作が必要です。引き戸はその場で開け閉めできるため、足腰が不自由になったり、車椅子で移動したりする場合にも、開閉しやすいことがメリットです。また、車椅子での生活や介助が必要になった場合には、細かく個室に仕切られているよりも、大空間があった方が移動や介助がしやすくなります。シンプルで引き戸で必要に応じて仕切る間取りとしましょう。

・暮らしやすい間取り例

老後に暮らすマンションでは、玄関は広く確保したいスペース。靴を脱ぎ履きするための椅子を置いたり、車椅子やカートを置いておくスペースがあったりすると、外出がしやすいです。

また、水回りをまとめて配置することもポイント。洗面脱衣室へLDKから行き来する間取りは、キッチンと洗面脱衣室の洗濯機の家事動線が短くなります。浴室でヒートショックなどの異変が起きたときに、同居する人が気づきやすいこともメリットです。さらに、キッチンと洗面脱衣室が隣接し、洗面脱衣室にキッチンから洗濯機側に行く出入り口と、リビングから洗面所側にいく出入り口の2箇所があると、家事動線と生活動線がぶつからずに済みます。

車椅子での生活を前提とする場合は、居室に建具を設けず、トイレや浴室、脱衣室にのみ引き戸を設置するのも選択肢の一つです。睡眠中に落ち着いて過ごせるように、ベッドの設置スペースはカーテンで間仕切りをできるようにします。

■マンションをリノベーションして老後に暮らしやすい住まいに

中古マンションは一般的に新築マンションよりも価格が安いため、予算内で利便性のよい立地条件の物件を手に入れやすいです。手すりを設置したり、段差を解消したり、建具を引き戸に変えたりするなどすれば、老後に安心して暮らせる住まいに生まれ変わります。手すりの設置には壁の内部に下地が必要なため、今は必要ではない場合も、リノベーションする際に下地を入れておくのがおすすめです。古いマンションは2DKや3DKといった細かく仕切られた間取りが目立ちますが、リノベーションで広々としたワンルームや1LDK、2LDKといった間取りに変えることも可能です。

■まとめ

家族で暮らしていた住まいは、老後の単身や夫婦での暮らしでは広すぎるケースが少なくありません。使わない部屋が多ければ、住み替えることも選択肢になります。リノベーションで老後の暮らしに合った間取りのマンションを手に入れましょう。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求