住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション

トイレのリノベーション事例12選!リフォームの費用相場や注意点は?

トイレは、部分リフォームが一番多い場所だそうです。誰もが毎日使う設備だから、快適性や清掃性を向上することで、高い満足度を得ることができます。この記事では、素敵なトイレのリノベーション事例をご紹介。リフォーム前に知っておきたいポイント・注意点も解説しています。

ピンクがやさしいトイレ
こんな方におすすめの記事です
  • トイレのリフォーム・リノベーションの事例を見たい
  • トイレのリフォーム・リノベーションの費用相場を知りたい
  • トイレのリフォーム・リノベーションの注意点・ポイントが知りたい

■トイレをリフォームするメリット

トイレをリノベーションすると、どのようなメリットが期待できるのでしょうか?確認してみましょう。

・トイレの掃除がしやすくなる

古い型のトイレは、便器のふち裏や、本体のくびれ部分などに汚れが溜まりやすかったり、汚れが見えにくかったりする構造のものが多いです。最新の便器は、パーツの継ぎ目やすき間、凸凹を極力減らすことで、掃除しやすいデザインになっています。

また便器の素材も、汚れが付着しにくく、落としやすいように特殊な表面加工が施されている製品がほとんどです。そのほか、流すたびに泡で自動洗浄するトイレ、除菌水を便器やウォシュレットノズルに自動散布するトイレなど、清潔を追求するさまざまな製品がメーカー各社から登場しています。

●主要メーカーのおもなトイレと機能
・パナソニック アラウーノ
「トイレ激落ちバブル」:中性洗剤の細かい泡で自動洗浄
「オゾンウォーター」:除菌効果のあるオゾン水を便器とウォシュレットノズルに自動散布
・TOTO ネオレスト
「きれい除菌水」電気分解で生成した除菌水を便器とノズルに自動散布
・LIXIL 各シリーズ
「プラズマクラスター」イオンが便器のすみずみまで除菌・消臭

※上記の機能はシリーズやグレードによって搭載されていない製品もあります。

・トイレの節水効果が高くなる

1996年頃までは、水洗トイレの一回の洗浄水量は13リットルほどが主流でしたが、各メーカーから新製品が発売されるたびに節水化が進みました。現在は5リットル程度(「大」で流したとき)が主流となっており、特に節水効果の高いものでは3リットル代の製品も登場しています。

洗浄水量13リットルのトイレをリフォームして、6リットルのトイレに交換した場合、その節水効果は4人家族で年間45,260リットル。水道代に換算すると約12,000円の節約になります。

なお、節水トイレは水道やトイレの水圧を利用することで少ない水による洗浄を実現しています。古い型のトイレで洗浄水量を減らすためにタンク内にペットボトルを入れたり、市販の節水グッズを使用したりすると、トイレの故障や排水管のつまりの原因になる可能性があるので控えましょう。

参考:トイレナビ│一般社団法人 日本レストルーム協会
https://www.sanitary-net.com/saving/

・トイレの安全性を向上できる

トイレに断熱化したり、手すりを設置したりするリフォームで、快適性と安全性を向上することができます。

冬場冷え込むトイレは、浴室に次いでヒートショックによる事故が起きやすい場所。ヒートショックとは、急激な温度差により血圧の変動が生じる現象で、脳梗塞や心筋梗塞といった健康被害の原因のひとつです。高齢者に多いですが、若年者に起こることもあるため軽視はできません。

また、高齢になるとしゃがむ・立ち上がるという動作が難しくなる人が多いです。バリアフリー化されていないトイレの使用に負担を感じ、回数を減らすために水分の摂取を我慢してしまい、脱水症状に陥るケースもあります。

■トイレのリノベーション事例12選

・事例1:ピンクがやさしいトイレ

ピンクがやさしいトイレ

ニュートラルなピンク系クロスとグレーの手洗い天板の組み合わせが、やさしい雰囲気のトイレです。正面の壁にユニークなウォールラックを設置して、トイレットペーパーの予備をまるで雲が浮いているかのように飾りながら収納しています。タンクレスタイプで、すっきりとした印象です。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=149

・事例2:シンプルシックなトイレ

シンプルシックなトイレ

革のようなブラウンのクロスと、グレーの床の組み合わせがシックなトイレです。木目の天井は廊下やLDKと共通なので、空間につながりが感じられます。手洗い付きタイプのトイレなら、手洗いを別途設置する必要がないのでコンパクトな空間にも設置しやすいです。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=143

・事例3:深海のようなトイレ

深海のようなトイレ

静けさを感じるカラーリングのトイレです。深海のような落ち着いたブルーのクロスに、アイアン製で統一したタオル掛けとペーパーホルダーが溶け込むようにマッチ。ヘリンボーン調のリズミカルな床が、シンプルな空間のアクセントになっています。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=145

・事例4:宙に浮かぶトイレ

宙に浮かぶトイレ

こちらは、洗面室と一体のトイレです。間仕切りのない広々としたワンルームのお住まいのため、サニタリーも開放的な空間としました。外国のトイレのようなフロートタイプの便器は、床にホコリや湿気が溜まりにくく、フロアモップなどでサッとお掃除することができます。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=142

・事例5:オアシスのようなトイレ

オアシスのようなトイレ

カラフルで大胆な、植物柄の壁が印象的なトイレです。無機質でシックにまとめた住まいのなか、都会のなかのオアシスをイメージし、トイレには南国のジャングルのようなクロスをセレクト。トイレは壁の面積が少ないこともあり、思い切った遊び心を取り入れやすい空間です。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=40

・事例6:ポテンシャルのあるトイレ

ポテンシャルのあるトイレ

グレー系のクロスと床、オーク無垢材のオープン棚が落ち着いた印象のトイレです。
既存のトイレには窓がありませんでしたが、間取り変更により窓に面する位置に移動したため、すっきりと空気を入れ替えることができます。空間にまだまだゆとりがあるため、アイデア次第で活用可能なトイレです。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=11

・事例7:スクエアがアクセントのトイレ

スクエアがアクセントのトイレ

こちらは、ユナイテッドアローズ社とのコレボレーション物件。洗面室と一体型の広々としたトイレです。爽やかな白を基調としたミニマムな空間のなか、ミラーの枠とタオル掛けの黒いスクエアが、空間を引き締めるアクセントになっています。

→このリノベーション事例を詳しく見たい方はこちら
https://www.globalbase.jp/case/detail.php?jid=137

・事例8:グリーンがクールなトイレ

グリーンがクールなトイレ

モノトーンをベースに、ウッドのダークブラウンと、ダークグリーンのクロスの組み合わせがクールな印象のトイレです。直線的なデザインのなか、ヘキサゴンのタイルがアクセントになっています。これほど収納量が充実していれば、トイレまわりの小物をすべて収めても余裕がありそうです。

出典:TOTO株式会社
https://jp.toto.com/

・事例9:木目にこだわりを感じるトイレ

木目にこだわりを感じるトイレ

落ち着いた色味のナチュラルなトイレです。ヘリンボーン風の床、古材風の手洗いカウンターに、こだわりが光ります。トイレの照明はごくシンプルなものが多いですが、この事例のようなペンダントライトも素敵です。

出典:TOTO株式会社
https://jp.toto.com/

・事例10:とことん真っ白なトイレ

とことん真っ白なトイレ

すべてを真っ白にまとめた、明るく清潔感あふれるトイレです。なんとなくアイボリーやオフホワイトを選択しただけのトイレは無難で味気ない空間になりがちですが、すみずみまで純白にこだわることで、洗練された印象に仕上がります。

出典:TOTO株式会社
https://jp.toto.com/

・事例11:パウダールームのようなトイレ

パウダールームのようなトイレ

パウダールームタイプの華やかなトイレです。ミラーとライトが設けられているため、メイク直しもできます。ベージュとピンクの優しい色味に囲まれ、リラックスできそうな空間です。

出典:TOTO株式会社
https://jp.toto.com/

・事例12:機能充実のナチュラルトイレ

機能充実のナチュラルトイレ

充実の収納、手洗いとミラー、雑貨が飾れるカウンターと、機能満載のトイレです。石目の壁とブラウンの木目が、ナチュラルであたたかな印象となっています。収納、トイレともにフロートタイプなので床のお掃除もしやすいです。

出典:TOTO株式会社
https://jp.toto.com/

■トイレのリフォーム・リノベーションの費用相場と工事期間

・温水洗浄便座(ウォシュレット)を交換する

トイレの便器はそのまま、温水洗浄便座(便器一体型ではないタイプ)のみをリフォームする場合、古い機器の処分料・新しい温水洗浄便座の代金、工事費用を合わせた費用の目安は4〜17万円ほどになります。工事にかかる時間は30分〜2時間ほどです。

温水洗浄便座のみの交換は比較的容易なので、ホームセンターや家電量販店で購入し、DIYで設置する人もいます。当然ながら工事費用は掛かりません。

・トイレ本体を交換する

トイレ本体(便器)を交換するリフォーム費用の目安は、本体代金と工事費用を合わせて10〜25万円ほどです。工期は1.5〜4時間ほどになります。ただし床に腐食がある場合は、合わせて補修工事も行う必要があります。

・トイレ空間全体をリノベーションする

<1>トイレ交換+床・壁・天井の張替

トイレ本体の交換に加えて、手洗器の交換、床・壁のクロスと床材を張替えるリフォームの費用目安は、25〜50万円ほどです。工期は2〜3日ほどになります。

<2>トイレ交換+床・壁・天井の張替+手洗器新設

トイレ本体と内装材の張替えに加え、収納や手洗いカウンターを新設するリフォームの費用目安は50万円〜、工期は4日〜となります。トイレを広くするなど、間取りの変更をともなう場合の費用目安は100万円〜、工期は7日〜です。

■トイレをリフォーム・リノベーションする際のポイントと注意点

・トイレに必要な広さは?

トイレの広さは、便器の幅プラス30cm、便器の奥行きプラス40cm程度が最低限必要です。近年主流となっているタンクレストイレは、タンクありタイプに比べてコンパクトですが、本体に手洗いが付属していません。そのため、手洗い器を別途設置する必要があり、トイレ内にある程度の広さが必要になります。

トイレをバリアフリー化する場合は、手すりの設置や介助しやすい空間の確保が必要になってきます。既存のトイレの広さやリフォームの内容によっては、間取りの変更も検討することになるでしょう。

・トイレに求められる機能

トイレの種類は、最低限の機能のみのシンプルな製品から、蓋の開閉や洗浄を自動化した高機能なものまで、さまざまなバリエーションがあります。そのなかでも温水洗浄便座は標準的に求められる機能になっており、清掃性に優れた製品は導入後の満足が高いことが特徴です。

・収納を確保してすっきりと

トイレで使う物は、できるだけトイレ内に置いておきたいもの。掃除道具や洗剤、予備のトイレットペーパー、生理用品などを仕舞う収納を設ければ、すっきりとした空間を保ちやすくなります。

・掃除のしやすい内装材にする

ほかの部屋と同様にトイレもフローリング仕上げにしたい、とお考えの人もいるかもしれませんが、水が染み込みやすい木質系の床材は向いていません。汚れやすいトイレの床材は、腐食に強く掃除のしやすいクッションフロアやタイル系床材がおすすめです。フローリングのリアルな素材感を再現した製品もあるので、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

・寒さ対策も大切

“トイレリフォームのメリット”の項目でも解説しましたが、冬場冷え込むトイレは過ごしにくいだけでなく健康被害の原因になることもあるため、断熱工事やサッシの2重化をおすすめします。使いやすい位置にコンセントを設置しておけば、パネルヒーターなどを使用する際に便利です。

■まとめ

トイレをリフォームすることで、快適性や清掃性、安全性を向上することができます。最新のトイレは節水効果が高いため、交換するだけで水道代の節約が可能です。小さな空間だからこそ、アクセントクロスなどで遊び心を発揮するのも楽しいですね。

グローバルベイスでは
リノベーションに関する
ご相談をお待ちしております

グローバルベイスは豊富な実績・経験からお客様ひとりひとりにあったリノベーションプランをご提案しております。リノベーションについてわからないことがあればお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求